三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教職に関する科目
科目名 教職実践演習(国語・中高)
きょうしょくじっせんえんしゅう
Seminar on educational practice
受講対象学生 教育学部, A 類, D 類

学部(学士課程) : 4年次
大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 2年次
66 期生
国語教育コース及び日本語教育コース
人文学部に所属し、国語の教員免許状取得を目指している学生も受講可
卒業要件の種別 必修
本授業の単位は、教員免許状取得に必須である。
授業科目名 教職実践演習(国語・中高)
きょうしょくじっせんえんしゅう(こくご・ちゅうこう)
Seminar on educational practice
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他学部の学生の受講可, 他研究科の学生の受講可, 他専攻の学生の受講可
1年次より、全学教職課程において、『学びのあしあと(学修履歴)』の蓄積をしている学生
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

原則として4年次後期に実施するが、教育実践等を夏期~秋期にかけて実施する場合もある。

開講時間 水曜日 1, 2時限
第1回~第5回は、水曜日1コマに開講する。 第6回~15回については未定。(受講する学生との日程調整の上、決定する。)
開講場所 第1回~5回は、教育学部1号館
第6回以降は未定。(掲示によって周知する。)

担当教員 ○守田 庸一,林 朝子,松本 昭彦,余 健,和田 崇(以上,教育学部)

○MORITA, Yoichi HAYASHI, Asako MATSUMOTO, Akihiko YO, Ken WADA, Takashi

学習の目的と方法

授業の概要 授業は、2つのパートからなる。授業の規模は40人程度とし、原則として演習形式とする。
第1パート(第1回~第5回)では、三重県を中心とした地域の教育問題やの中高の発達段階に関する知識・理解を確認する。
第2パート(第6回以降)は、まず第6回において、国語科教育・日本語教育の課題に関して具体的な事例を基にディスカッションを行う。続く第7回~12回では、第6回で確認した課題をふまえるとともに生徒の発達にも留意して、グループで授業を構想・実践・記録し、それを分析・考察する。その上で、第13・14回において、それぞれの取り組んだ授業およびその分析・考察を報告し、意見を交換することを通じて、各自の省察をさらに深める。なお、第7〜14回を通じて、連携先の現職教員や、教員勤務経験者の指導を受け、実践の質的向上を促すこととする。
学習の目的 一人一人の履修状況や到達度の把握及び授業課題の遂行を通して、実地研究等で身につけた実践力が、教科教育に必要な理論と統合され、確かな実践的指導力が形成されているかを確認する。
学習の到達目標 ① 学校の社会的役割と教師の資質を理解し、問題解決することができる。
② 幼児・児童の発達・学習をめぐる現代の教育問題に対して適切な理解を示すことができる。
③ 学級・学校経営に必要な関係者との連携・協力の重要性を理解し、関係者との連携を活かした問題解決を示すことができる。
④ 具体的な課題に対するグループ討論、模擬的な実践・分析検討を通して、三重県を中心とした地域における現代的な教育問題や幼小の発達段階を踏まえた授業内容・方法を具体的に提示し考察することができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 PBL

教科書 開講後に指示する。
参考書 必要に応じて指示する。
成績評価方法と基準 第1回〜第5回まで30%、第6回〜15回まで70%(合計60%以上で合格)
オフィスアワー 火曜日12:00〜13:00,場所:国語教育学第1研究室(教育学部1号館4階)
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 国語科教育,日本語教育,中学校・高等学校,授業実践,言葉の学び
Key Word(s) Japanese,secondary education,educational practice
学習内容 第1回 松浦均
オリエンテーション:現代の中学校における問題の所在を,学生自らの教育実地経験とすりあわせの上,確定する。学校,学級,教師,生徒,文化,地域,連携等に類別し探究の起点とする。その上でグループでの解決策を探求する。

第2~5回は,J1~J4の4グループに分かれて演習を行う。グループ分けは別途案内する。各回の授業内容と担当教員は以下のとおり。

回  2 3 4 5
J1 A B C D
J2 D A B C
J3 C D A B
J4 B C D A

A)織田泰幸
様々な学校問題(例:いじめ,不登校,学級崩壊など)の現状について理解したうえで, これらの問題に取り組むための方策について,グループで探究する。
B)松浦均
学びの環境をめぐる現代の教育問題(生徒指導)について仮想的な問題を提起し,グループで解決策を議論する。
C)大日方真史
近年の教育現場における関係性(生徒間、教師・生徒間)に関わる課題について仮想的な問題を提示し,グループで解決策を探求する。
D)南学
学びの履歴を基にした省察と目標設定。
教育現場において教師の判断が求められる様々な場面について仮想的な問題を提示し,グループで解決策を議論する。


第6回以降の内容は以下の通りである。

第6回:国語科教育・日本語教育の現状に関するディスカッション
第7回:国語・日本語の授業の構想I(中学校)
第8回:国語・日本語の授業の構想II(高校)
第9回:国語・日本語の授業実践とその記録I(中学校)
第10回:国語・日本語の授業実践とその記録II(高校)
第11回:国語・日本語の授業分析とその考察I(中学校)
第12回:国語・日本語の授業分析とその考察II(高校)
第13回:国語・日本語の授業実践の報告
第14回:国語・日本語の授業実践に関する意見交流
第15回:国語・日本語の授業実践の成果のまとめ/これからの国語科教育・日本語教育の課題に関する意見交流
学習課題(予習・復習) これまでに得た国語科教育・日本語教育にかかわる知識や経験を活用しながら、教職実践について具体的な課題を設定し、その解決を目指す。自らの知見を深化・拡充させられるよう、授業時間外においては自主的に学習を進めたり積極的に意見を交流させたりすること。
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University