三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学部・教職に関する科目
科目名 中学校・高校の教科教育法
ちゅうがっこう・こうこうのきょうかきょういくほう
Teaching Methodology of Junior/Senior
受講対象学生 教育学部, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 2年次
69 期生
卒業要件の種別 必修
授業科目名 家庭科教育法Ⅱ
かていかきょういくほうⅡ
Methodology of Home Economics Education Ⅱ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 3, 4時限
開講場所 教育学部1号館

担当教員 吉本敏子(教育学部)

YOSHIMOTO Toshiko

学習の目的と方法

授業の概要  中学校「技術・家庭」及び高等学校「家庭」の教材研究、学習指導案や教材の作成および模擬授業を通して、家庭科の授業理解を深め、よりよい授業のための工夫や改善ができる力を養う。
学習の目的 ・中学校及び高等学校の家庭科の教材研究の仕方を理解する。
・学習指導案や教材を作成し、より良い授業のための工夫について考えることができる。
学習の到達目標 ・家庭科における学習指導要領の目標及び内容や指導上の留意点を理解している。
・家庭科の学習評価の考え方を理解している。
・家庭科の背景となる学問領域との関係を理解し、教材研究に活用することができる。
・生徒の認識や思考、学力などの実態を視野に入れた授業設計の重要性を理解している。
・情報機器及び教材の効果的な活用法を理解し、授業設計に活用することができる。
・学習指導案の構成を理解し、具体的な授業を想定した授業設計と学習指導案を作成すること
ができる。
・授業を効果的に行うための教材を工夫し作成することができる。
・模擬授業の実施とその振り返りを通して、学習指導案や教材の改善をすることができる。
・家庭科における実践研究の動向を知り、授業設計の向上に取り組むことができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

「感じる力」= 10%、「考える力」= 50%、「生きる力」= 20%、「コミュニケーション力」= 20%

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL

教科書 必要に応じて資料を配布する。 
参考書 中学校・高等学校の学習指導要領と家庭科教科書
吉原崇恵編著『子どもがいきる家庭科』、開隆堂(2010)
成績評価方法と基準 学習指導案と教材40%、レポート40%、出席20%
オフィスアワー 毎週火曜日13:00~14:30
教育学部1号館3階 家庭科教育第1研究室 ytoshiko@edu.mie-u.ac.jp
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 一人一人が授業設計について理解し学習指導案が書けるように、個別指導の時間を設ける。
その他

授業計画

キーワード 教育実習関連科目 中学・高校の家庭科教育 学習指導案 教材作成 模擬授業 
Key Word(s) teaching practice related subjects, home economics education of junior and senior high school, lesson plan, materials research
学習内容 第1回 家庭科教育の特性
第2回 中学校の家庭科の授業
第3回 高等学校の家庭科の授業
第4回 学習指導の方法
第5回 教材研究の視点と方法
第6回 学習評価
第7回 学習指導案を読む
第8回 学習指導計画
第9回 学習指導案の書き方、板書計画
第10回 学習指導案の作成
第11回 教材の作成
第12回 模擬授業の実施と振り返り(導入の工夫、授業の流れを中心に)
第13回 模擬授業の実施と振り返り(発問、板書計画を中心に)
第14回 模擬授業の実施と振り返り(情報機器・教材の効果的な活用法を中心に)
第15回 学習指導案の修正
事前・事後学修の内容 学習の進度に合わせて、学習指導案の作成や教材作成の準備を行う。
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University