三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・人間発達科学に関する専門科目(D類)
科目名 人間発達科学コース選択科目AⅡ 人間関係発達支援
にんげんはったつかがくこーすせんたくかもくえいに にんげんかんけいはったつしえん
Supportive Method for Human Relational Development
受講対象学生 教育学部, D 類

学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
66-68 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 幼児の生活と保育
ようじのせいかつとほいく
Life and day-care of children
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 水曜日 1, 2時限
開講場所 2号館3階保育実習室Ⅰ

担当教員 須永 進

SUNAGA,Susumu

学習の目的と方法

授業の概要 発達主体である幼児の望ましい成長・発達のための幼児教育方法について、実践事例を通して学ぶことがこの授業の主な目的であり、中心的テーマである。したがって、幼稚園をはじめ、保育所や近年広がりつつある子育て支援の事例を取り上げながら、幼児教育の方法を学習する。
学習の目的 事例を通して、幼稚園教育や幼児教育全体に通じる方法の基礎理論を学習できることを目的としている。また、そこで得られる知識や方法を自らの教育活動に活かしていけるようになることを期待している。
学習の到達目標 この授業で学習した内容を理解し、それを自らの学習や教育活動に活かせることができるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL

教科書 特に指定はない。
参考書 授業時に、提示予定
成績評価方法と基準 レポート50%、授業での取り組み方(意欲、積極性、発表力、協調性など)50%
オフィスアワー 毎週 月曜日16:20から17:50
受講要件
予め履修が望ましい科目 幼児教育や保育に関する基礎知識が必要になるため、事前に自己学習をすることが望ましい。
発展科目 教育課程総論、幼児教育臨床
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 幼稚園、保育所、幼児教育、認定こども園
Key Word(s) Kindergarten, Day care center, Eearly child education
学習内容 授業では、次の内容で進めていくことを予定している。なお、適宜幼稚園での観察を通してのレポートや各自の課題に沿った発表を行う。
 1.授業では、次の内容で進めていくことを予定している。なお、必要に応じて幼児関連の施設見学。・観察等と行い、レポートや各自の課題に沿った発表・話し合いを行う予定でいる。   
 1. 幼児教育方法 を学ぶ意義とその方法について
 2. 幼児の生活と成長・発達について-家族、保育者、地域の人々
 3. 幼児の生活と成長・発達について-生活の変化とその問題点
 4.幼児の成長・発達の特性と環境-乳児
 5.幼児の成長・発達の特性と環境-幼児
 6.乳幼児の遊びとその意義
 7.乳幼児の発達と遊びについて-乳児の遊びと留意点
 8.乳幼児の発達と遊びについて-幼児の遊びと留意点
 9.保育・教育の形態とその特性-家庭、家庭的保育施設
10.保育・教育の形態とその特性-幼稚園、保育所、認定子ども園他
11.幼児保育・教育方法の概要-外国(人)による教育方法(論)
12.幼児保育・教育方法の概要-日本(人)による教育方(論) .
13.保護者への相談・支援-基本的原理とその方法
14.保護者への相談・支援-事例による理解
15.全体のまとめ-望ましい幼児教育について
                                             
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University