三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 ドイツ文学論A
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 1, 2時限
開講場所

担当教員 菅 利恵

SUGA, Rie

学習の目的と方法

授業の概要 ヨーロッパの近代化の過程では、子どもが開かれた可能性の持ち主として強調され、それとともに人間の「成長」に大きな期待が寄せられるようになった。この新しい人間観は、近代文学の形態や内容に大きな影響を与えている。
この授業では、「子ども」「若者」「成長」というキーワードのもとに、18世紀後半から20世紀初頭までのドイツ語圏文学史を概観する。おもに「教養小説」の発展に注目しつつ、さまざまな文芸流派の特徴をおさえる。
学習の目的 18世紀後半から20世紀初頭までのドイツ語圏における文学作品に親しみつつ、啓蒙主義からシュトルム・ウント・ドランクへ、ロマン派から写実主義へといった文芸史の流れを把握する。
学習の到達目標
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 プリントを配布する。
参考書 授業中に指示する。
成績評価方法と基準 平常点とレポートで評価する。
オフィスアワー
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード ドイツ、ドイツ文化、ドイツ文学、文学論
Key Word(s)
学習内容 講義と参加者による発表を組み合わせて授業を進める。
参加者には、講義中に出て来た文献や事項について調べ、発表する機会を持ってもらう。

全体的な流れは以下の通りである。(予定)

1.「子ども期」の発見/近代初期の教育論
2.「成長」に対する新しいまなざしと、文学ジャンルの変化
3.「エミール」〜〜子ども期の新しい意味付け
4.新しい若者像の登場 〜〜シュトルム・ウント・ドランク
5.「教養小説」の登場  
6. ロマン派における「成長」とメルヒェン  ノヴァーリス、ホフマン
7.ビーダーマイヤー期における家庭と子ども シュティフター
8. 子どものためのジャンルの発展
   児童文学の発生と展開
9.写実主義の文学における成長物語 〜〜社会問題へのまなざし
10.成長の挫折の物語  1900年前後の学童小説
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) HU-CLTR2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University