三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2019 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 日本の言語A
にほんのげんごA
Japanese Linguistics A
単位数 2 単位
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 日本の言語A
にほんのげんごA
Japanese Linguistics A
単位数 2 単位
ナンバリングコード
HU-JAPA2

ナンバリングコード一覧表はこちら

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。

開放科目     
開講学期

前期

開講時間 木曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 川口 敦子(人文学部)

KAWAGUCHi, Atsuko

学修の目的と方法

授業の概要 日本語史のうち、総説・音韻史・文字史・語彙史の各分野について概説する。
学修の目的 日本語史(総説・音韻史・文字史・語彙史)の基礎的事項について、知識を習得し、日本語とその歴史について理解することができる。
学修の到達目標 日本語史(総説・音韻史・文字史・語彙史)の基礎的事項について、現代語に至る流れを理解し、基本的な専門用語を用いてそれぞれの事項について説明することができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○人文科学の諸分野の専門的知識と豊かな教養を身につけている。
○変動激しい現代社会について、専門的知識に基づいて論理的に考え、総合的に判断できる。
 人文科学諸分野の成果に基づき、世界各地域の固有の文化に関して、広い視野から探求できる。
 変動激しい現代社会に対する理解を基盤として、国際感覚に基づいて行動できる。
 自ら学んだ知を、口頭表現や文章表現によって的確に発信することができる。
 国際社会と地域社会の発展に貢献できる。

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  主体性
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  •  表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  •  実践外国語力
生きる力
  •  問題発見解決力
  •  心身・健康に対する意識
  •  社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 期末試験(80%),提出物や受講態度(20%),計100%。(合計で60%以上で合格)
授業の方法 講義

授業の特徴

PBL

特色ある教育

その他、能動的要素を加えた授業(ミニッツペーパー、シャトルカードなど)

英語を用いた教育

授業改善の工夫 毎時間,まとめ又は小課題を提出してもらうが,提出用紙に質問・意見欄を設け,それに回答する。
教科書 沖森卓也編著『日本語ライブラリー 日本語史概説』(朝倉書店)
参考書 『日本語学大辞典』(東京堂出版)、『日本語学研究事典』(明治書院)
その他、授業中に適宜紹介する。
オフィスアワー 随時(必ず事前にメール等でアポイントを取ること)
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目 日本の言語B
日本語学演習
その他 後期の「日本の言語B」と連続する内容である。

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード 日本語史 音韻 文字 語彙
Key Word(s) History of the Japanese Language (phonology, notation, vocabulary)
学修内容 1:ガイダンス
2:総説
3:音韻史①8世紀の日本語
4:音韻史②音節構造の変遷、子音の変化
5:音韻史③連声と連濁、アクセント
6:文字史①漢字
7:文字史②仮名
8:文字史③仮名、ヲコト点
9:文字史④仮名遣い
10:文字史⑤ローマ字
11:文字史⑥補助記号
12:語彙史①語彙体系
13:語彙史②和語
14:語彙史③漢語
15:語彙史④外来語
16:試験
事前・事後学修の内容 基本的な専門用語や文献の名称は覚えること。その上で、用語や理論の内容について自分の言葉で説明できるように、教科書を利用して、毎時間の予習と復習を行うこと。

Copyright (c) Mie University