三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・キャリア教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
最大30名程度が望ましい
選択・必修 選択
授業科目名 社会連携型実践
しゃかいれんがたけじっせん 
Social Cooperation Practicum
授業テーマ 社会連携型実践
単位数 2 単位
分野 社会 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 7, 8時限
定期の開講時間以外に、現場実習として土曜日などに地域社会の現場に出向くことが2回程度あります。
開講場所

担当教員 ○西村訓弘、矢野竹男(以上、地域イノベーション学研究科)、狩野幹人、加藤貴也、八神寿徳(以上、地域イノベーション推進機構、地域イノベーション学研究科)

○NISHIMURA Norihiro, YANO Takeo, KANOU Mikihito, KATO Takaya, YAGAMI Hisanori

nishimura.norihiro@mie-u.ac.jp

学習の目的と方法

授業の概要 地域社会が抱える現実の問題を理解し、その解決方法について考察する授業として実施する。本授業では、ゲストスピーカーとして招へいする地域社会で活躍する方々の生の声を聴き、その生きざまを感じ取った後、地域社会が抱える具体的な課題を題材にグループ討議を行い、解決策をまとめる。参考として、平成28年度には、ICDAホールディングスグループからゲストスピーカーを招聘し、実地見学とグループディスカッションを行うことで、これらの企業が抱える問題を解決するための提言を行った。
学習の目的 地域社会の課題を理解し、その解決に向けた考察を行うための基礎力を修得させるともに、自身のキャリア形成に対する意識づけを行う。
学習の到達目標 自らのキャリア形成を考え行動するようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習 実習

授業の特徴 PBL 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 特になし。講義において印刷物を配布する予定。
参考書 地域社会の問題と解決に関する書籍、日本経済新聞など。
成績評価方法と基準 出席票(各講義についての感想を記述)50%、レポート(50%)によって評価する。
オフィスアワー 地域イノベーション学研究科(059-231-5405)まで問い合わせのこと。
担当:加藤、田口
受講要件 「働くことを通して自己実現をはかる」ことを考えている学生であることが望ましい。
予め履修が望ましい科目 地域と仕事
発展科目
授業改善への工夫 毎回の講義において感想文を学生から提出させ、その内容を考慮した改善を行うことを計画している。
その他

授業計画

キーワード 地域社会、社会連携、キャリア形成、プロジェクト・マネジメント
Key Word(s) Community, Social cooperation, Carrier formation, Project management
学習内容 1週:授業ガイダンス
2週:三重県の地域経済の概要について(1)
3週:三重県の地域経済の概要について(2)
4週:地域社会の課題①に関するテーマ・内容の説明、調査、グループ分け
5週:グループワーク:ディスカッション、調査、分析、考察
6週:グループワーク:中間報告
7週:グループワーク:発表
8週:地域社会の課題②に関するテーマ・内容の説明、当事者からの話を聞く
9週:地域社会の課題②について調査、課題抽出、グループ分け、フィールドワーク準備
10週:地域社会の課題②に関する実地見学、フィールドワーク
11週:グループワーク:ディスカッション、課題抽出、調査、分析、考察
12週:グループワーク:中間報告
13週:グループワーク:ディスカッション、課題抽出、調査、分析、考察
14週:グループワーク:発表
15週:授業の振り返りと全体議論
学習課題(予習・復習) グループワーク形式での学習となるため授業と授業の間の期間に各グループで話し合う自習を行うことで、予習・復習を行うことが、高い学習効果を得ることになります。そのようなグループによる自主的学習の姿勢を身に付けることも意識してください。
ナンバリングコード(試行) LICAED1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University