三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・英語
科目名 英語学
えいごがく
English Linguistics
受講対象学生 教育学部, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
~68 期生
・この授業科目の標準履修年次は2年次(後期)です。
卒業要件の種別 選択
授業科目名 英語史
えいごし
History of the English Language
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 5, 6時限
開講場所 教育学部専門1号館3階

担当教員 西村秀夫(教育学部英語科)

NISHIMURA Hideo

学習の目的と方法

授業の概要 「現代英語をよりよく理解するための英語史」をテーマに、今から約1,550年前、ヨーロッパのはずれの一島国の言語として始まった英語が今日「国際共通語(lingua franca)」と呼ばれるまでにいたった背景を「標準化と多様化」をキーワードに考察する。あわせて、音韻・形態・語彙・統語・意味などの変化の歴史についても概観する。
学習の目的 ・言語の変化に対する関心を深めることを目的とする。特に、
(1)「標準英語」の成立と「国際共通語」としての多様化する背景を学び、言語がそれを使用する社会と密接に関わり合うものであることを理解する。
(2)現代英語で「例外」「不規則」と考えられている言語現象の多くが英語史的な視点から説明可能であることを理解する。
学習の到達目標 上記「学習の目的」(1)を通じて、英語の非母語話者が「外国語」として「英語を教える」ことの意味、教える際にどのような英語をめざすか、等について自分なりの意見を持つようになることを目標とする。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 ・Simon Horobin, How English Became English: A Short Story of a Global Language (Oxford 2016)
・堀田隆一『英語の「なせ?」に答えるはじめての英語史」 (研究社 2016)
参考書 教室で指示する。
成績評価方法と基準 教室での活動(発表・小テスト)60%、期末試験 40%を予定。
オフィスアワー 後期 月曜5-6限(事前調整要)
受講要件 「英語学概論」を履修済みか履修中であること。あわせて中学校英語免許を主免許とする学生(AIIの学生)は、「英語音声学演習」および「英文法ゼミナール I, II 」をすでに履修しているか履修中であること。
予め履修が望ましい科目 英語学概論
発展科目 英語学講義II,英語学ゼミナールI, II
授業改善への工夫
その他 日ごろから英語を注意深く見て、ささやかな疑問であってもおろそかにしない姿勢が求められる。

授業計画

キーワード 英語の標準化 英語の多様性 言語変化
Key Word(s) standardization of English, varieties of English, language change
学習内容 1. Introduction
2-3. What is English?
4-5. Origins
6-7. Authorities
8-9. Standards
10-11. Varieties
12-13. Global Englishes
14-15. Why Do We Care?
16. Final Examination
学習課題(予習・復習) ・「講義」科目ではあるが「演習」形式で行う(事前に割り当ててはっぴょうしてもらう)。
・講義内容がより深く理解できるよう、各種の参考文献を紹介するので出来る限り教室外で読んでおくことが求められる。
ナンバリングコード(試行) ED-ELIN-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University