三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学研究科(修士課程)教育科学専攻・理数・生活系教育領域
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次
選択・必修 必修
授業科目名 課題研究Ⅰ
かだいけんきゅう いち
Directed Study Ⅰ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

通年

開講時間
前期 木曜1・2限 後期 木曜5・6限
開講場所

担当教員 松岡 守(教育学部)

MATSUOKA, Mamoru

学習の目的と方法

授業の概要 技術教育の特に電気に関わる分野において,院生が今後、研究を実施する手法の高度な専門的知識を深める具体的立案を行う。
学習の目的 技術教育の特に電気に関わる分野において,大学院修士の研究を進めるために必要となる技術的素養を身に付ける。
学習の到達目標 修士の研究の手法を学ぶ
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 PBL

教科書
参考書
成績評価方法と基準 レポート,口頭試問により総合的に評価する。
オフィスアワー 毎週月曜日12:00~13:00 研究室
メールにて随時 matsuoka@edu.mie-u.ac.jp
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 授業の中のやりとりの中で常に授業改善を意識し,見つけた課題については随時改善していく。
その他

授業計画

キーワード 技術 電気
Key Word(s) Technology, Electricity
学習内容 1     概要説明
2 修士研究対象に関係する書籍(1)を講読する。
3 修士研究対象に関係する書籍(1)を講読する。(その2)
4 修士研究対象に関係する書籍(1)を講読読する。(その3)
5 修士研究対象に関係する書籍(1)を振り返り,まとめ,次に読む書籍を検討する。
6 修士研究対象に関係する書籍(2)を講読する。
7 修士研究対象に関係する書籍(2)を講読する。(その2)
8 修士研究対象に関係する書籍(2)を講読する。(その3)
9 修士研究対象に関係する書籍(2)を講読する。
10 修士研究対象に関係する書籍(2)を振り返り,まとめ,次に読む論文を検討する。
11 修士研究対象に関する論文(1)を講読する。
12 修士研究対象に関する論文(1)を講読する。(その2)
13 修士研究対象に関する論文(1)を講読する。(その3)
14 修士研究対象に関する論文(1)を講読する。(その4)
15 修士研究対象に関する論文(1)を振り返り,まとめ,次に読む論文を検討する。
16 修士研究対象に関する論文(2)を講読する。
17 修士研究対象に関する論文(2)を講読する。(その2)
18 修士研究対象に関する論文(2)を講読する。(その3)
19 修士研究対象に関する論文(2)を講読する。(その4)
20 修士研究対象に関する論文(2)振り返り,まとめ,次に読む書籍を検討する。
21 修士研究対象に関係する書籍(3)を講読する。
22 修士研究対象に関係する書籍(3)を講読する。(その2)
23 修士研究対象に関係する書籍(3)を講読読する。(その3)
24 修士研究対象に関係する書籍(3)を講読読する。(その4)
25 修士研究対象に関係する書籍(3)を振り返り,まとめ,次に読む論文を検討する。
26 修士研究対象に関係する論文(4)を講読する。
27 修士研究対象に関係する論文(4)を講読する。(その2)
28 修士研究対象に関係する論文(4)を講読する。(その3)
29 修士研究対象に関係する論文(4)を振り返り,まとめる。
30 本授業の全体をふりかえり,まとめる。
事前・事後学修の内容 毎回取り上げる論文に関わるレポートを課する。
ナンバリングコード(試行) ED-ELEC-4

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University