三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・学校教育に関する専門科目(A類)
科目名 学校教育研究
がっこうきょういくけんきゅう
Research in School Education
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 3年次, 4年次
67, 66 期生
卒業要件の種別 必修
62期以降の学校教育コースの学生は、「学校教育研究演習」のⅠ~Ⅳから2単位必修
授業科目名 学校教育研究演習Ⅳ
がっこうきょういくけんきゅうえんしゅうし
Seminar on School Education Research Ⅳ
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 伊藤敏子(教育学部学校教育講座)

ITO, Toshiko

学習の目的と方法

授業の概要 日常的な営みである教育にさまざまな疑問符を投げかけその本質を捉えなおす作業を論文指導も含めながら進める。
学習の目的 自身の関心を鮮明化し、探究する。
学習の到達目標 自身の関心に基づいて発言・執筆する能力を身につける。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 適宜プリントを配布する。
参考書 適宜紹介する。
成績評価方法と基準 発表50%、レポート50%、計100%。ただし、80%以上出席したことを条件とする。
オフィスアワー 毎週火曜日10:30~12:00、場所教育哲学研究室
受講要件 教育哲学分野に関心を持つこと。
予め履修が望ましい科目 「教育哲学」
発展科目
授業改善への工夫 学生参加を促すためMoodleを活用する。
その他

授業計画

キーワード 教育哲学、人間教育
Key Word(s) philosophy of education, education of man
学習内容 ①教育と哲学の関係を哲学する(概論)
②教育と哲学の関係を哲学する(各論)
③人間と教育の関係を哲学する(概論)
④人間と教育の関係を哲学する(各論)
⑤子供と教育の関係を哲学する(概論)
⑥子供と教育の関係を哲学する(各論)
⑦世界と教育の関係を哲学する(概論)
⑧世界と教育の関係を哲学する(各論)
⑨歴史と教育の関係を哲学する(概論)
⑩歴史と教育の関係を哲学する(各論)
⑪教師と教育の関係を哲学する(概論)
⑫教師と教育の関係を哲学する(各論)
⑬現代教育の条件を哲学する(概論)
⑭現代教育の条件を哲学する(各論)
⑮まとめ
学習課題(予習・復習) 設定された課題にしたがって、毎回レジュメを作成する。授業時間に終了しなかった意見交換についてはMoodle上での意見交換により補足する。
ナンバリングコード(試行) ED-RISE-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University