三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・学校教育に関する専門科目(A類)
科目名 学校教育セミナー
がっこうきょういくせみなー
Seminar on School Education
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 1年次
69 期生
69期学校教育コース教育学専攻及び教育心理学専攻学生対象
卒業要件の種別 必修
授業科目名 学校教育最先端セミナー
がっこうきょういくさいせんたんせみなー
Frontier Seminar for School Education
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 水曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 伊藤敏子(教育学部)
瀬戸美奈子

ITO, Toshiko
SETO, Minako

学習の目的と方法

授業の概要 私たち学校教育講座教員一同は、三重大学教育学部学校教育コース教育学専攻及び教育心理学専攻に入学したての1年生は学問の初歩だけを学べばよいとは考えていない。学問研究のbeginerであっても学問の最先端の状況を学ぶことは可能だし、また必要であると考える。
本授業では9名の学校教育講座教員が、それぞれの教育学・教育心理学研究の最新の成果・情報を1年生にも理解可能なように説明する。このことによって学校教育コース教育学専攻及び教育心理学専攻の学生諸君が学問研究のおもしろさに目覚めてくれることを期待する。
学習の目的 教育学、教育心理学の各分野における最新の研究情報に関する講義を聞き、学問のおもしろさに触れるとともに、積極的に質問・意見表明を行なうことによって、自ら学問研究の第一歩を経験すること。
学習の到達目標 質問できる人になろう。学問を志す者にとって無知は恥ではない。無知を隠したり無知と対面することを避けようとすることこそ恥ずかしいことである。
7人の教員による講義を聞く過程で、知りたいこと、調べたいことを出し合い、学習グループを形成して授業終盤で発表を行なう。前期のそれぞれの入門セミナーの経験も踏まえて、大学における小集団学習の初期的な経験を積み上げよう。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 PBL Moodle

教科書 教科書は使用しない。
参考書 担当教員が授業の中で提示する。
成績評価方法と基準 前半における各回の講義への質問・意見レポートと後半におけるグループ活動・発表を踏まえて評価する。
詳細は授業を進行しながら決定、発表する。
オフィスアワー 毎週火曜日10時30分~12時,教育哲学研究室
毎週火曜日14時40分~16時10分, 学校臨床心理学研究室
受講要件 69期学校教育コース教育学専攻及び教育心理学専攻所属学生は必ず履修すること。
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 授業での学びの深まりとともに教育学専攻・教育心理学両クラスの親睦の深まりも追求したい。
その他

授業計画

キーワード 学校教育 教育学 心理学 最先端
Key Word(s) School Education, Pedagogy, Psychology, Academic Frontier
学習内容 第1回 オリエンテーション

第2~10回 学校教育講座各教員(計9名)の個別講義(各1回)

第11~13回 講義で学習した内容から関心あるテーマを出し合い、グループを編成して、教員へのヒアリングや資料のリサーチを行なう。

第14~15回 各グループの学習成果の発表
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) ED-EDSC-1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University