三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・現代科学理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 選択
授業科目名 化学A
かがくえー
Chemistry A
授業テーマ 化学の特徴の理解
単位数 2 単位
分野 自然 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業
開講学期

前期

開講時間 木曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 工学研究科分子素材工学専攻教員、○宮本 啓一(工学研究科分子素材工学専攻)

学習の目的と方法

授業の概要 化学に関するトピックスや最新の研究について、オムニバス形式の講義で学習する。また、その理解のために、基礎知識や化学的な見方について、学習する。
学習の目的 化学関連の事象や話題について、理解できる。さらに、化学の知識に基づいた解釈の仕方や見方を身につける。
学習の到達目標 常に、知的好奇心を持ち続け、最近の化学に関するトピックスについて理解できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書
参考書 必要に応じて、講義中に紹介します。
成績評価方法と基準 欠席4回以下を前提とし、講義に関する学習状況と最終レポートに基づいて、総合的に評価します。
オフィスアワー 月曜日~金曜日12:00~12:50 工学研究科担当教員室
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 講義だけではなく、報道ニュース等でわからないことがあれば、積極的に質問することを歓迎します。
その他 市民開放10人まで

授業計画

キーワード 化学・物質・原子・分子
Key Word(s) Chemistry, Substance, Atom, Molecule
学習内容 本講義は、工学研究科分子素材工学専攻の8分野(有機機能化学、レーザー光化学、分析環境化学、有機素材化学、無機素材化学、高分子設計化学、有機精密化学、エネルギー変換化学)の教員によって、化学のトピックスや最新の研究の概要を説明します。

第一回 高分子設計化学の提供する話題 
第二回 有機精密化学の提供する話題
第三回 エネルギー変換化学の提供する話題
第四回 有機機能化学の提供する話題
第五回 レーザー光化学の提供する話題
第六回 分析環境化学 の提供する話題
第七回 有機素材化学の提供する話題
第八回 無機素材化学の提供する話題
第九回 高分子設計化学の提供する話題
第十回 有機精密化学の提供する話題
第十一回 高分子設計化学の提供する話題
第十二回 有機機能化学 の提供する話題
第十三回 レーザー光化学の提供する話題
第十四回 分析環境化学の提供する話題
第十五回 有機素材化学の提供する話題


これまでに講義で取り上げたトピックス:
 太陽電池・シリコン結晶・プラズマ分解
 ニューガラス・ガラスファイバー
 鉱物・石英・人工水晶・蛍石・磁鉄鉱・イエローダイアモンド・ブルーダイアモンド・レアメタル
 日本人のノーベル化学賞受賞研究・ポリアセチレン・パラジウム触媒
 医薬品の有機合成・フッ素化学
 フラーレン・カーボンナノチューブ
 高分子化学・液晶・液晶ディスプレイ・有機ELディスプレイ
 グリーンケミストリー・環境にやさしい生分解性プラスティック
 放射線化学
学習課題(予習・復習) 各自が興味を持った内容に関して、さらに勉強し、最終レポートにまとめてください。
ナンバリングコード(試行) LICHEM1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University