三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・基礎教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
人文学部法律経済学科の学生のみ受講できる
選択・必修 選択
授業科目名 情報科学基礎B
じょうほうかがくきそB
Basic Information Science B
単位数 2 単位
分野
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 水曜日 7, 8時限
開講場所 第4教育端末室A(教育実践総合センター1階)

担当教員 三重遷一(非常勤講師)

MIE,Senichi

学習の目的と方法

授業の概要 法律経済学科の学生における研究活動にとって必要な情報処理の知識や技能を修得する。
学習の目的 さまざまな統計データやアンケート調査結果等をMicrosoft Excelを用いて集計、分析し、その結果をMicrosoft Power Pointを用いて効果的にプレゼンテーションできるようになる。
学習の到達目標 Microsoft Excelの応用的な操作(グラフ、関数の活用やデータベースを用いたクロス集計分析等)とMicrosoft Power Pointの基本的な操作ができるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 実習

授業の特徴 Moodle

教科書 とくに使用しない。
参考書 切田節子・三浦信宏・小林としえ・乙名健『Microsoft Office2013を使った情報リテラシーの基礎』近代科学社,2014年
成績評価方法と基準 出席20%、課題提出80%
オフィスアワー
受講要件 本講義はパソコンの基礎的な操作から各種ソフトウェアの基礎的な利用方法について習得している学生を対象としている。事前アンケートにおいて基礎編の履修が望ましいと考えられる学生においては、本講義の履修が認められない場合もある。
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他 後期の情報科学基礎Bと同一内容となっている。また、情報科学基礎A、Bの2つ(合計4単位)を履修しても卒業要件として認められる単位は2単位までである点に留意されたい。

授業計画

キーワード コンピューターによる情報利用の応用編
Key Word(s)
学習内容 01.ガイダンス
02.Excelの機能と活用方法
03~04.
Excelの基本操作1(セルへの入力、加減乗除、セル、行、列の挿入・削除と結合)
05~07.
データ分析(並べ替え、フィルタ処理、統計関数・論理関数)
08.総合問題(前半)
09~11.
データ分析(グラフの作成、ピポットテーブルの活用)
12.図形描画と文章への挿入
13~14.プレゼンテーションへの応用(Word,Power Pointへの展開)
15~16.総合問題(後半)
学習課題(予習・復習) 基本的な操作方法についてテキスト等で予習復習を行うこと。
各回の課題について講義時間内に提出ができない場合には次回までに完成させること。
ナンバリングコード(試行) LIINFS1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University