三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・生活科に関する科目
科目名 小学校の教科の指導法
しょうがっこうのきょうかのしどうほう
受講対象学生 教育学部, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 2年次
-68 期生
※前期に小学校専門生活Bを受講してください。
卒業要件の種別 必修
AⅠ類・AⅢ類(小学校基礎免)の学生の必修科目です。
AⅡ類(62期生以前)・AⅣ類の学生の選択必修科目です。
授業科目名 生活教材研究B
せいかつきょうざいけんきゅう
Study on Teaching Materials of Everyday Life B
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 水曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 川村有美、守田庸一、平山大輔、社会新任、上山浩(教育学部)、真川恭子(非常勤講師)

学習の目的と方法

授業の概要 生活科に関する9つの学習項目について、具体的な実践や事例に基づき指導内容・方法を考える。

①生活に係わる活動を通して、感覚・感性が働くようにし、同時に様々な知的関心を高める。
②身近な自然観察や自然に関する活動を通して、人と自然の関わりへの関心を高める
③表現活動を通して、材との対話や、人との対話を深める体験をする。
③造形物の機能や音環境への興味を持つ。
学習の目的 生活科に関する9つの学習項目について確認する。
具体的な実践や事例に基づき指導内容・方法を考える。
学習の到達目標 生活科に関する9つの学習項目をふまえて、具体的な実践や事例に基づき指導内容・方法を考えることができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL

教科書 文部科学省『小学校学習指導要領解説・生活編・平成20年8月』、日本文教出版
参考書
成績評価方法と基準 授業者全員による総合評価。
オフィスアワー 代表者:川村 木曜日12時~13時 音楽棟 2階 川村研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他 学籍番号によるクラス分けを行う。
同じ講座の学生であっても受講クラスが異なるので、事前に必ず自分の受講クラスを確認すること

授業計画

キーワード 生活科
Key Word(s) Life Environment Studies
学習内容 音楽、美術、理科、社会、国語の担当教員による授業を展開する。
日程は、オリエンテーションで確認する。

第1回 10/4 川村 オリエンテーション / 私たちの生活と音・音楽
第2回 10/11 川村 紙でつくる楽器
第3回 10/18 守田 身近な環境について、取材活動を行う
第4回 10/25 守田 取材した内容を壁新聞にまとめる
第5回 11/1 守田 壁新聞に基づいたプレゼンテーションを行い、その内容と方法を批評する
第6回 11/8 平山 身近な自然観察 ①観察会形式の自然観察
第7回 11/15 平山 身近な自然観察 ②ウォークラリー形式の自然観察の体験
第8回 11/22 平山 生活科における自然観察のあり方
第9回 12/6 真川(非常勤) 学校での具体的な実践や事例から生活科の指導について考える
第10回 12/13 坂口 「買い物」単元の特色と意義を考える
第11回 12/20 坂口 季節と年中行事を意識したおもちゃ作り
第12回 1/10 上山 生活科と造形活動 ①ものづくり
第13回 1/17 上山 生活科と造形活動 ②場に関わる
第14回 1/24 上山 生活科と造形活動 ③コミュケーションをとり入れる
第15回 1/31 川村 ふりかえり・レポート作成
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) ED-LIFE-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University