三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部電気電子工学科 ・専門教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 電気電子工学応用実験
でんきでんしこうがくおうようじっけん
Electrical and Electronic Engineering Advanced Laboratory
単位数 4 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10時限; 金曜日 9, 10時限
実験の進行の都合で開講時間以外でも実験担当教員が指示する日時で行う場合がありますので注意してください。
開講場所 工学実験棟,第1合同棟3階,総合研究棟Ⅰ1階、他

担当教員 世話人:北英彦(工学部電気電子工学科、毎年交代),担当:各教員(工学研究科電気電子工学専攻)

Maneger: Hidehiko KITA (Faculty of Engineering, Department of Electrical and Electronic Engineering), Staffs: Members of Department of Electrical and Electronic Engineering

学習の目的と方法

授業の概要  電気電子工学の専門科目で学ぶ学習内容に関する様々な実験を行い,学習内容の理解を深めるため,4週にわたって1つの区分(大実験テーマ)について,実験・調査及びまとめを行う。6区分より3区分を選択して実施する。本科目より以前に履修した科目に関しては,実験を通じてその科目で学習した知識を実際に確認し,用いることでより深く理解する。本科目より以降あるいは並行して履修する科目に関しては,その科目で学習する内容に関する関心を高めるとともに基本的な知識を学ぶ。 
 
学習の目的  これまでに修得した電気電子工学に関する専門知識を,実験を通して深く学習すると共に体系だった考え方を身につける。また,グループ作業での仕事の進め方などを体得する。レポートによる記述式のコミュニケーションに加えて,発表や討論による口頭でのコミュニケーション法を身につける。さらには,電気電子工学に関連した広い分野に興味を持ち自ら学ぶ能力を涵養する。
学習の到達目標  専門科目で学ぶ学習内容に関する様々な実験を行い,深く理解する。また,実験機器の使用法を体得している。レポート作成やその説明が理論的に展開できる。設計や実験の意義を理解し,多様な観点からものづくりを検討する能力を養う。安全に対する理解を深め,工学的判断力を養う。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目
 専門分野(学習・教育目標(D))について,個々の工学技術要素に展開された専門科目の内容を体系的に理解し,専門分野の技術課題を分析し,評価することができる厚みのある能力,技術革新につながる新たな課題を見出し,育て,創り出していくために必要なことを学習する自律能力を獲得する。
 所与の間題を解決するため,すでに知られている知識を基盤として,それらを総合・統合するものであること(エンジニアリングデザイン(学習・教育目標(E)))を理解する。自らの埋解・考えを客観的に示し,相手の話・文書を理解し,討論することができる一般的コミュニケーション能力を獲得すると同時に,特に専門分野については専門的な記述法,図・表・数式の使用,引用の仕方,発表・質疑手法等について日本語での実践的能力(学習・教育目標(F))を獲得する。チームワークによる問題解決能力,リーダシップを含む役割分担能力(学習・教育目標(G))を獲得する。

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実験

授業の特徴 PBL

教科書 電気電子工学応用実験指導書
参考書
成績評価方法と基準  各区分において,実験時の参加態度,実験レポートの書き方・内容,実験レポートに関する質疑応答,発表や討論などをもとに10点満点で評価を行う。その区分の実験について合格と判定した場合には6点~10点で評価する。理解が不足と判断した場合には5点以下の評価を行うが,原則として再実験は行わないものとする。
 選択した3つの区分の平均値で,本科目の評点を決定し,6.0以上を合格とする。
オフィスアワー  各実験テーマ担当教員によりオフィスアワーは異なるので,メールなどを通じて時間を尋ねてください。
受講要件  それぞれの区分によって,受講要件となっている科目は異なるので,区分選択は注意すること。
区分1「光エレクトロニクス」:半導体工学
区分2「物性計測」:材料科学
区分3「通信ネットワーク」:情報通信工学
区分4「マイクロコンピュータシステム」:計算機工学Ⅰ
区分5「メカトロニクス」:制御工学Ⅰ
区分6「電気機器」:電気機器工学
 実験では危険を伴うので,学生教育研究災害傷害保険には必ず加入すること。
予め履修が望ましい科目  2年次までの専門教育必修科目の全てを履修しておくこと,また,下記の科目は選択科目ではあるが実験を円滑に進めるために必要な学習内容を含むので本科目と同学期の履修でもよいので計画的に履修を行うよう努めること。
区分1「光エレクトロニクス」:材料科学,固体電子工学,電子デバイス工学,光エレクトロニクス,光・電磁波工学
区分2「物性計測」:固体電子工学,電気電子物性論Ⅱ,半導体工学Ⅰ,電気電子材料
区分3「通信ネットワーク」:情報理論,信号処理,通信システムとネットワーク
区分4「マイクロコンピュータシステム」:アルゴリズムとデータ構造
区分5「メカトロニクス」:電気機器工学,パワーエレクトロニクス
区分6「電気機器」:制御工学Ⅰ,パワーエレクトロニクス
 一部の科目の名称がカリキュラムの変更に伴い変更されています。過年度生は新旧対応表を参照すること。
発展科目 卒業研究
授業改善への工夫
その他 追実験が認められる事由: 
 病気などやむを得ない理由により実験を欠席した場合には,予備日に追実験を行うこと。自己都合の欠席や遅刻については,原則として追実験を認めないので注意すること。欠席した場合には,実験指導教員の指示を受けること。

授業計画

キーワード 光エレクトロニクス,材料科学,電気電子計測,ネットワーク,マイクロコンピュータ,メカトロニクス,電気機器,パワーエレクトロニクス
Key Word(s) Opto-electronics, Materials Science, Electrical and Electronic Measurements, Network, Microcomputer, Mechatronics, Electrical Machinery, Power Electronics
学習内容 授業内容:
 本科目では,6つの区分(大テーマ)から各自は3つの区分の実験を選択して実施する。
 各区分の実験は4週にわたって実施する。実験の実施方法,プレレポート課題,まとめ方などは,各区分で異なり,討論やプレゼンテーションを課す区分もある。区分の選択は,受講要件があるので注意すること。
●区分1「光エレクトロニクス」
 発光ダイオード(LED)と液晶を取り上げ,“結果が目で見える”実験を通して,光工学,半導体工学の基礎知識を習得する。
●区分2「物性計測」
 科学技術の分野で重要な各種物性計測法について,その原理や特徴,実際の計測方法を実験により習得する。
●区分3「通信ネットワーク」
 振幅変調・周波数変調・AD変換・光通信・無線LAN・ネットワークプロトコル技術 について実験を通して習得する。
●区分4「マイクロコンピュータシステム」
 コンピュータアーキテクチャ (計算機の基本的な仕組みと構造)について理解を深める。
●区分5「メカトロニクス」
 直流チョッパによる直流モータの駆動を通してメカトロニクスの基礎を理解し,応用として直流モータによるモーションコントロールを体験する。
●区分6「電気機器」
 電気機器工学で扱う各電力変換機の,各機器の特徴・特性の違いについて理解し,その効果的な利用法について習得する。
学習課題(予習・復習) 予習
 指導書に書かれた実験の解説および実験内容の学習をよく理解しておくこと。
各区分にはプレレポート課題があり,提出の方法は区分により異なるので注意すること。
復習および課題提出
 データ整理のほか,結果のまとめ・考察に加えて,調査課題などもある。また,討論やプレゼンテーションを行う区分もあるので,各区分の実験指導教員の指示に従うこと。
ナンバリングコード(試行) EN-ELEC-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University