三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・国語
科目名 国語学
こくごがく
Japanese Linguisitics
受講対象学生 教育学部, 教育学研究科, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
-68 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 日本語学講義方言・語史Ⅰ
にほんごがくこうぎほうげん・ごし いち
Japanese DialectsⅠ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 余 健(教育学部)

YO,Ken

yeoken@edu.mie-u.ac.jp

TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 日本語の方言を中心的な題材として、言語変化や言語政策に関する諸問題を取り上げる。
学習の目的 学校教育で現在、取り上げられている方言的な事項と本来取り上げるべき方言的な事項とを整理して、押さえる。
学習の到達目標 日本語のバリエーションを知ること。言語変化のプロセスを客観的に説明できるようになり、言語政策についても意見を持てるようになること。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 井上史雄・木部暢子『はじめて学ぶ方言学 』ミネルヴァ書房
参考書 真田信治(2001)『標準語の成立事情』PHP文庫、真田信治(2001)『関西・ことばの動態』大阪大学出版会、井上史雄(2006)『変わる方言動く標準語』ちくま新書
成績評価方法と基準 授業に対する姿勢・コメント(30%)、出席(30%)、レポート又は試験(40%)、計100%。
オフィスアワー 毎週月曜日(18:00~19:00)、場所:余研究室(yeoken@edu.mie-u.ac.jp)
受講要件
予め履修が望ましい科目 日本語学概説(論)
発展科目 日本語学演習 方言語史Ⅰ・Ⅱ、日本語学講義 方言語史Ⅱ
授業改善への工夫 毎回、授業内容についての疑問点等のコメント用紙を提出してもらいます。受講生からの授業内容に対する個別の疑問点については、全受講生に共有される形で次回の授業で取り上げるように努めます。
その他 受講生自身でも、次週までに授業内容の疑問点について、参考書等で確認しておいてください。

授業計画

キーワード 言語変化概説、言語政策
Key Word(s) Sociolinguistics
学習内容 1.日本語の分類
2.方言とは
3. ネオ方言とは
4.新方言とは
5.気付きにくい方言とは
6.言語変化の要因
7.言語地理学の考え方(1)
8.言語地理学の考え方(2)
9.方言と自然環境
10.比較言語学の考え方(1)
11.比較言語学の考え方(2)
12.方言分布と語史との関係(1)
13.方言分布と語史との関係(2)
14.言語政策(1)
15.言語政策(2)
学習課題(予習・復習) 授業内で説明します。
ナンバリングコード(試行) ED-JLIN-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University