三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・人間発達科学に関する専門科目(D類)
科目名 人間発達科学コース基本科目
にんげんはったつかがくこーすきほんかもく
Basic Courses in Program
受講対象学生 教育学部, D 類

学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
68, 67, 66 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 文献購読法
ぶんけんこうどくほう
Survey of Technical Literature
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 伊藤敏子(教育学部学校教育講座)

ITO, Toshiko

学習の目的と方法

授業の概要 ルソーの『エミール』を読み、人間形成の本質について考える。さらに、ルソーに関する近年の論文を読むことで、ルソーのもつ現代的意義について考察する。
学習の目的 現代の教育を問いなおす。
学習の到達目標 現代の教育を相対化して考察する力。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 ルソー『エミール』
参考書 授業の際に提示する。
成績評価方法と基準 小レポート20%、発表80%、計100%。
オフィスアワー 火曜日10:30~12:00、場所教育哲学研究室
受講要件 人間形成への関心。
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 学生の意見交換の活性化を図る。
その他

授業計画

キーワード ルソー、人間形成
Key Word(s) Rousseau, Bildung
学習内容 ①導入
②ルソーについて
③『エミール』(自然とは)
④『エミール』(子どもと大人の関係)
⑤『エミール』(社会とは)
⑥『エミール』(習慣とは)
⑦『エミール』(経験とは)
⑧『エミール』(理性とは)
⑨『エミール』(両親とは)
⑩ルソーに関する論文(子ども観)
⑪ルソーに関する論文(母性)
⑫ルソーに関する論文(成長)
⑬ルソーに関する論文(宗教観)
⑭ルソーに関する論文(解釈)
⑮ルソーの現代的意義
⑯まとめ
学習課題(予習・復習) ③~⑨についてはルソー『エミール』(岩波文庫)を購入してあらかじめ読んで授業にのぞむ。
⑩~⑭については配布された文献をあらかじめ読んで授業にのぞむ。
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University