三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・基礎教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 2年次
工学部電気電子工学科
選択・必修 必修
授業科目名 計算機基礎Ⅱ及び演習
けいさんききそにおよびえんしゅう
Basic Computing and Application II
単位数 1.5 単位
分野
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 9, 10時限
開講場所 工学部教室(教室は未定)

担当教員 川中 普晴(工学研究科電気電子工学専攻)

KAWANAKA, Hiroharu

学習の目的と方法

授業の概要 コンピュータの仕組みをハードウェア面から理解するための論理代数・論理回路について学習する.また,情報科学の基礎知識としての情報数学を学ぶ.これにより計算機及び情報処理に関係する内容の理解を深め,今後この分野を学習して行くための基礎的な素養を身につける.
学習の目的 コンピュータのハードウェア的な基礎知識と,論理代数・論理回路の知識を身につける.
学習の到達目標 論理代数・論理回路の基礎知識を習得し,簡単な組み合わせ論理回路および順序回路を設計できるようになること.
また,基本情報技術者試験の対応する分野の問題を解けるようになること.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 Moodle

教科書 論理回路入門 第3版(浜辺隆二著,森北出版)
参考書 基礎から学べる論理回路 第2版(早見治夫, 森北出版), 電子情報通信レクチャーシリーズ B-5 論理回路(安浦寛人, コロナ社),論理回路の基礎(田丸啓吉, 工学図書), 論理設計・スイッチング回路理論(笹尾勤, 近代科学社), インターユニバーシティ 論理回路とオートマトン(稲垣康善編, オーム社), 新インターユニバーシティ ディジタル回路(田所嘉昭編, オーム社), 応用事例とイラストでわかる離散数学(延原肇, 共立出版)
成績評価方法と基準 出席は必要条件であり,7割以上の講義に出席した者を単位授与の対象者とする.
評価は,課題・演習(50点),期末試験(60点)の合計110点で行い,合計点数/10の小数点以下を切り捨てて最終成績とする.
なお,課題・演習が未提出の場合はその回を欠席と見なす.
オフィスアワー 講義終了後、場所:電子情報棟4階 1410室
または, 電子メール(kawanaka@elec.mie-u.ac.jp)まで問い合わせてください.
受講要件
予め履修が望ましい科目 計算機基礎Ⅰ及び演習
発展科目 計算機工学Ⅰ・Ⅱ,プログラミング演習Ⅱ,アルゴリズムとデータ構造
授業改善への工夫 課題・演習により,きめ細かなチェックを行うことで,理解程度の把握と向上に努める.
その他 Moodleに本講義用のコースを開設します.
授業・課題の詳細についてはMoodleも参照してください.

授業計画

キーワード コンピュータのしくみ,情報数学,論理回路
Key Word(s) Computer architecture, information mathematics, logic circuits
学習内容 第1回 (講義):序論,数体系(1.1),符号体系(1.2)
第2回 (講義):基本論理演算(2.1),論理関数の標準形と真理値表(2.2)
第3回 (講義):簡単化とは(3.1),カルノー図による簡単化(3.2),カルノー図による乗法形の簡単化(3.3)
第4回 (講義):冗長項を用いたカルノー図による簡単化(3.4),クワイン・マクラスキー法による簡単化(3.5),ハザードとその回避
第5回(演習):第1〜4回分
第6回(演習):第1〜4回分
第7回 (講義):組み合わせ回路とは(4.1),組み合わせ回路の構成(4.2),加算器(4.3),ゲート回路,トランジスタの動特性とスイッチング機能
第8回 (講義):減算器(4.4),比較器(4.5),エンコーダとデコーダ(4.6),マルチプレクサとデマルチプレクサ(4.7)
第9回(演習):第8,9回分
第10回 (講義):順序回路とは(5.1),状態遷移表と状態遷移図(5.2)
第11回 (講義):フリップフロップ(5.3),マルチバイブレータ
第12回 (講義):順序回路の設計(5.4)
第13回 (講義):レジスタの設計(5.5),カウンタの設計(5.6)
第14回(演習):第10〜13回分
第15回(演習):第10〜13回分
第16回:期末試験

以上,カッコ内は教科書の節番号を表す.
学習課題(予習・復習) 講義の回は,予習として当該範囲の教科書の太字の語句の意味を把握すること,また復習として当該範囲の例題を独力で解きなおすこと.演習の回は,予習として当該範囲の復習,復習として演習問題を独力で解きなおすこと.
ナンバリングコード(試行) LIINFS2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University