三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・国際理解・現代社会理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修
授業科目名 文化と空間C
ぶんかとくうかんしー
Culture and Space C
授業テーマ 世界を多角的に捉える
単位数 2 単位
分野 社会 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 森 正人(人文学部)

MORI, Masato

学習の目的と方法

授業の概要 この授業は大学教育への入門と位置づけられる。授業ではグループでの討論をとおして、地表面の諸現象に対する仮説の検討を行なう。また学外でのグループ調査と発表も行なわれる。
学習の目的 日常生活で気づかずにいるさまざまな事象を、空間・環境・景観という言葉を手がかりに考える。
学習の到達目標 ディスカッションを通して他人に自分の意見を伝えることができるだけでなく、他人の意見を聞きながら議論の質を高め、さらに文章化することを通して、批判的視角を養う。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 PBL Moodle

教科書 中川正・森正人・神田孝治(2006)『文化地理学ガイダンス』ナカニシヤ
参考書
成績評価方法と基準 グループディスカッションへの参加状況(30%)、小レポート(40%)、最終レポート(30%)。10分以上の遅刻は欠席としてカウントする。欠席は4回までとする。
オフィスアワー 火曜日12時から13時
受講要件 フィールド調査やグループディスカッションに積極的に参加でき、知的好奇心をもって受講できる者。
大学の入門的な性格を持つ授業のため、基本的に「大学1回生」を授業資格を持つ者とする。
予め履修が望ましい科目 総法則探検:文化、社会、自然
発展科目
授業改善への工夫 受講生の積極的な参加を促すために、グループディスカッションに重点を置く
その他 意欲のある学生の参加を求める。教科書は毎回持参すること。

授業計画

キーワード 空間と景観の考えを通した世界の見方
Key Word(s)
学習内容 1.ガイダンス
2.環境という視点
3.空間(地域)という視点
4.景観という視点
5.フィールドワークの試み
6.フィールドワークの試み
7.言語の文化地理
8.民俗の文化地理
9.生業の文化地理
10.政治の文化地理
11.都市の文化地理
12.グローバリゼーションの文化地理
13.観光の文化地理
14.ジェンダーの文化地理
15.授業のまとめ
学習課題(予習・復習) 復習
1.1章
2.3章
3.2章
4.4章
5.4章
6.4章
7.6章
8.10章
9.11章
10.7章
11.8章
12.授業中に紹介した本
13.12章
14.13章
ナンバリングコード(試行) LIGEOG1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University