三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学研究科(博士前期課程)電気電子工学専攻
領域 主領域 : C
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
受講者は20人までと考えています.それ以上の受講者になった場合には検討します.
選択・必修
授業科目名 計算機工学特論Ⅱ
けいさんきこうがくとくろん
Computer Engineering II
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 自研究科の学生の受講可, 自専攻の学生の受講可, 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 3, 4時限
初回の授業までに必ず受講申請をしておいてください. 受講者全員の都合を聞いた上で,開講する曜日および時限を変更することがあります.
開講場所 ◆総合情報処理センター第3教育端末室(定員20名)(教育実践総合センター1階,共通教育校舎1号館左隣の建物)
 ●地図は下記URLの三重大学総合情報処理センター利用ガイドを参照してください.Webブラウザのアドレス入力欄に下記のURLをコピー&ペーストしてください.
  http://www.cc.mie-u.ac.jp/cc/guide.html
 ●総合情報処理センターの本館ではないので注意してください.
 ●開講場所は必ず事前に確認し初回の授業のときでも遅刻をしないでください.遅刻は欠席と同じに扱います.

担当教員 北 英彦(工学研究科電気電子工学専攻)

Hidehiko KITA

学習の目的と方法

授業の概要 システムやソフトウェアの開発は,プロジェクトを組んでチームで行うのが普通です.チームで協力してプログラムを開発する体験をします.
学習の目的 (1)チームで協力してプログラムを開発する体験をする.
(2)アルゴリズムを工夫する体験をする.
(3)実行効率を考えてコーディングする体験をする.
学習の到達目標 (1)チームで協力してプログラムを開発できるようになる.
(2)アルゴリズムを工夫できるようになる.
(3)実行効率を考えてコーディングできるようになる.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 実習

授業の特徴 PBL Moodle

教科書
参考書
成績評価方法と基準 小テスト50%,課題50%,計100%.詳細は検討中です.
オフィスアワー ●講義時間外は,原則として,Moodleを用いて連絡してください.
●面談でのコンタクトは,原則として,講義直後とします.
受講要件 プログラミング,アルゴリズムに関する知識を有することを前提して講義を行います.
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 毎回,プログラムを発展させていく形で行います.
その他

授業計画

キーワード システム開発,ソフトウェア開発,プロジェクト,チーム,協同作業
Key Word(s) system development, software development, project, team, collabotive work
学習内容 (1)Visual Basic入門
(2)Visual Basic入門
(3)グループ分け,第1版の課題の提示,アルゴリズムの検討
(4)第1版の開発
(5)第1版の開発
(6)第1版の発表,第2版の課題の提示,アルゴリズムの検討
(7)第2版の開発
(8)第2版の開発
(9)第2版の発表,第3版の課題の提示,アルゴリズムの検討
(10)第3版の開発
(11)第3版の開発
(12)第3版の発表,第4版の課題の提示,アルゴリズムの検討
(13)第4版の開発
(14)第4版の開発
(15)第4版の発表
学習課題(予習・復習) 次週の開発に向けて,アルゴリズムを各自およびグループで検討しておいてください.
各発表の前までに,プログラムを完成させておいてください.
ナンバリングコード(試行) EN-ECOM-5

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University