三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・地域理解・日本理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修
授業科目名 日本文学B
にほんぶんがく
Japanese Literature B
授業テーマ 忍者像の形成と変遷
単位数 2 単位
分野 人文 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 1, 2時限
開講場所

担当教員 吉丸雄哉

YOSHIMARU,Katsuya

学習の目的と方法

授業の概要 忍者・忍術学
学習の目的 私たちが現在イメージするような忍者、たとえば黒装束で手裏剣を投げるといった忍者像は、文学・芸能の中で作られていったものです。江戸時代から現代までの忍者作品を具体的に辿ることで、忍者像の形成と変遷を明らかにしていきます。
学習の到達目標 事実だと思われていた忍者の姿がフィクションの作品の影響をいかに得ているかを知り、一次史料にもどづき歴史的事実を見分けることの重要性を学びます。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 Moodle

教科書 『忍者の誕生』勉誠出版、2017年
参考書 『忍者の教科書 新萬川集海』1・2、笠間書院。吉丸雄哉・山田雄司・尾西康充編『忍者文芸研究読本』笠間書院、2014。山田雄司『忍者の歴史』角川書店、2016。川上仁一『忍者の掟』角川新書、2016。川上仁一・多田容子『忍者 現代に生きる口伝』BABジャパン、2016。
成績評価方法と基準 成績はレポート(忍者作品の感想)40%と期末試験60%。
オフィスアワー 火曜日の昼休み。長時間の相談が必要な場合はメールで事前予約のこと。
受講要件
予め履修が望ましい科目 山田雄司「日本史B」(忍者忍術学)
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 忍者 忍術
Key Word(s) Ninja Ninjyutu
学習内容 1 ガイダンス
2 総説・忍者像の成立と変遷
3 くのいちとは何か
4 望月千代女伝の虚妄
5 芭蕉忍者説を斬る!
6 忍術と妖術
7 立川文庫とその類作
8 忍者対忍者
9 伊賀対甲賀
10 『Naruto -ナルト-』と忍者のsensei文化
11 忍者像ができるまで 1 加藤段蔵
12 忍者像ができるまで 2 石川五右衛門・猿飛佐助
13 ゲームが拓く忍者の可能性
14 忍者研究の過去・現在・未来
15 まとめ

都合につき順序を入れ替える可能性もあるが、内容はおおむね上の通り。
学習課題(予習・復習) 忍者作品を読んで、あるいは知っている忍者作品についてレポートを書いてもらいます。伊賀で講座を行っていますので、そちらにも積極的に参加して下さい。
ナンバリングコード(試行) LIJLIT1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University