三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学系研究科(修士課程・博士前期課程)看護学専攻
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 2年次
選択・必修
授業科目名 老年看護実習 Ⅱ
ろうねんかんごじっしゅう に
Adbanced Practice in Gerontological Nursing Ⅱ
単位数 4 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間
開講場所

担当教員 磯和勅子(医学部看護学科)、平松万由子(医学部看護学科)

ISOWA,Tokiko HIRAMATU,Mayuko

学習の目的と方法

授業の概要 認知症高齢者のケア、高齢者の終末期ケアなど総合的なケアを必要とする対象に関わり、ヘルスアセスメント、看護の実践、ケアマネジメント、環境調整、家族への支援、関連職種との連携、ケアに関わるスタッフへの教育的関わりと各種の相談、倫理的調整、看護の質を向上させる援助方法の開発などの研究的視点を持ち、老年看護の専門看護師としての総合能力を養う。
学習の目的 総合ケアの必要な高齢者及び家族への健康支援について、看護計画を立案し、対象のQOLを高める視点での質の高い看護を関連職種間の連携・協働、環境調整をもとに実践できる看護実践力を養う。
より良い高齢者の看護を継続して実施できるケアマネジメント力を養う。
質の高い高齢者ケアを実践するためにケアに関わるスタッフへの教育的関わりが実践できる。
質の高い高齢者ケアを実践するためにケアに関する各種の相談に応じることができる能力を養う。
いかなる高齢者ケアの場面においても、対象への倫理的配慮・人権擁護が実践できる環境調整ができる。
実践の場から高齢者看護の質を高める研究課題を見出し、研究へと発展させる能力を養う。
学習の到達目標 複雑な健康状態にある高齢者及び家族の全体像を把握し、対象のQOLを向上させる看護の計画を総合的な視点で立案し、実践できる。ケアに関わる他職種との連携、教育、相談、調整、倫理的配慮など質の高いケアが提供できる環境調整に関わる能力を養う。実践の場から、老年看護の実践力を高める看護研究の課題を追求するなど、老年看護の専門的総合能力を養う。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 PBL

教科書
参考書
成績評価方法と基準 実習計画、実習内容、カンファレンスへの参加状況、ケースレポートを総合して評価する。
オフィスアワー
受講要件 老年看護学対象論Ⅰ・Ⅱ、老年看護学援助論Ⅰ・Ⅱ、高齢者ケアシステム論Ⅰ・Ⅱ、老年看護実習Ⅰを履修済みであること
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 学生の個別性に合わせて、効果的な学習指導ができる環境を積極的に調整する
その他

授業計画

キーワード 老年看護の実践力、スタッフ教育、ケア提供者へのコンサルテーション(相談)、ケアの連携・コーディネーション(調整)、倫理的調整、老年看護の実践的研究
Key Word(s)
学習内容 1.認知症高齢者のケア、高齢者の終末期ケアなど複雑なケア環境にある高齢者のケアに関わり、高齢者と家族のヘルスアセスメント、看護の計画、実施評価、ケアマネジメントを実践し、質の高い老年看護のあり方を探求する。

2.高齢者のケアに関わる他職種との連携・協働を実践しながら、ケアスタッフへの教育的関わり、相談、調整、倫理的調整の役割を現場から認識すると共にそれらを実践し、老人看護専門看護師の機能を具体的に理解した上で、実践した内容を評価し、今後のあり方を考察する。

3.実践の場から、老年看護の質を向上させる実践的研究課題を見出し、具体的な研究方法について考察する。

4.実習の全体像から、老人看護専門看護師の機能のあり方を確認し、今後への課題を明確にする。

 実習場所:各自のテーマに合わせて、老人保健施設、訪問看護、病院(療養型医療施設)などで、合わせて4週間以上の実習をする。

(老人看護専門看護師の看護実践の状況を身近に知る機会が得られ、老人看護専門看護師からの指導が得られる実習施設で、実習する。)
学習課題(予習・復習) 老年看護実習Ⅰでの経験を生かして、老人看護専門看護師の機能を具体的に実践できるように発展させる。
ナンバリングコード(試行) MD-N GER 5

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University