三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学研究科(修士課程)教育科学専攻・理数・生活系教育領域
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次
教育学研究科 理数・生活系教育領域
選択・必修 選択
授業科目名 物性物理学特論
ぶっせいぶつりがくとくろん
Condenced Matter Physics
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 自専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 金曜日 1, 2時限
開講場所

担当教員 牧原義一(教育学部)

MAKIHARA,Yoshikazu

学習の目的と方法

授業の概要 物質の示すいろいろな力学的性質・熱的性質・電気的性質・磁気的性質(マクロな物性)を,原子レベルの微視的視点から理解するための基礎となる概念および取り扱い方について講義する。
学習の目的 物質の示す多様な性質を,原子・電子レベルの微視的視点から説明する知識を得ること。
学習の到達目標 物質の示すマクロな性質(物性)を,原子,分子,電子などの性質(微視的視点)から理解するための基礎的な概念や方法を習得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書
参考書 小出昭一郎 著 「物性のはなし」東京図書,近角聰信 著 「物性科学入門」 裳華房
成績評価方法と基準 定期試験での成績により評価する(3分の2以上の出席を定期試験受験の条件とする)
オフィスアワー 水曜日 12:00~13:00
受講要件 物理学の基礎知識(基礎物理学Ⅰ,Ⅱ)を有すること。物性物理学特論演習を同時に履修すること。
予め履修が望ましい科目 基礎物理学Ⅰ,同Ⅱ,物理学講義Ⅰ~Ⅳ,物理学実験 
発展科目 物性物理学特論演習
授業改善への工夫 授業内容に関連することで,現在社会的に話題になっている最新の内容や,小・中・高校等で学ぶ内容と密接に関連した新鮮な内容を紹介して,授業に対するモチベーションを高める。
その他

授業計画

キーワード 原子と電子,気体と分子,光と物質,金属と半導体
Key Word(s) atom and electon, gas and molecule, light and matter, metal and semiconductor
学習内容 第1回 原子と電子(1) 原子論と物性物理学,原子と分子
第2回:原子と電子(2) 原子内の電子
第3回:原子と電子(3) 元素の周期律,X線の発生
第4回:気体と分子(1) ボイル・シャルルの法則
第5回:気体と分子(2) エネルギー等分配の法則
第6回:気体と分子(3) マックスウェルの速度分布則
第7回:気体と分子(4) (まとめと補足)
第8回:液体・固体とゴム(1) 液体と固体,ガラス
第9回:液体・固体とゴム(2) 水と蒸発,ゴムの弾性
第10回:光と物質(1)  光子と物質波
第11回:光と物質(2)  電磁波と原子・分子の運動 
第12回:光と物質(3)  電子状態の変化
第13回:金属と半導体(1) 局在電子と遍歴電子
第14回:金属と半導体(2) フェルミ・エネルギー,金属の比熱と電気抵抗
第15回:金属と半導体(3) バンド構造
第16回:定期試験 
学習課題(予習・復習) 毎回の授業で演習問題等を指示する。
ナンバリングコード(試行) ED-PHYS-4

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University