三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部機械工学科 ・専門教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
工学部機械工学科
選択・必修 選択
学科選択
授業科目名 溶融加工学
ようゆうかこうがく
Technology of Welding and Casting
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 自研究科の学生の受講可, 他研究科の学生の受講可, 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 1, 2時限
開講場所

担当教員 尾崎 仁志(工学研究科機械工学専攻)

OZAKI, Hitoshi

学習の目的と方法

授業の概要 種々の溶接方法の接合原理に基づき,それぞれの溶接方法の基本的特徴を理解する.溶接の特徴である急速加熱,急速冷却に伴う材料特性の変化を理解し,また,それらの変化を予測する手段を習得する.さらに鋳造法の基本事項を習得し,溶接法との比較において鋳造法の特徴を理解する.
学習の目的 溶接加工および鋳造法に関する概略的な知識が得られ,機械と機械部品の設計に際して,加工方法まで考慮することができるようになる.
学習の到達目標 溶接法および鋳造法の最も基本的事項を習得し,加工方法を含めた機械設計能力を涵養する.金属の溶融・凝固現象に関する知識を習得し,溶融加工の利点と欠点を理解し,加工上の問題に対処する能力を高める.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 授業では講義内容の概要をプリントで配布する.
参考書 溶接・接合工学の基礎,溶接学会編,丸善,
鋳造工学,高瀬孝夫訳,アグネ
成績評価方法と基準 期末試験100%.
期末試験55点以上を合格とする.
オフィスアワー 毎週火曜日12:00-13:00 機械創成棟4階2414(尾崎仁志教員室)
受講要件 特になし.ただし,機械工学科必須科目「機械材料学及び演習」の内容を理解していることを前提にして講義する.
予め履修が望ましい科目 材料科学,材料力学,機械材料学及び演習
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 熱加工法、溶接,鋳造,継手強度設計,アーク現象
Key Word(s) thermal processes, welding, casting, design of joint strength, arc phenomena
学習内容 第1回 溶接法の概要
     接合の種類,溶接法の歴史,溶接法の分類,溶接法の特徴などを概観する.
第2回 融接の必須事項
     局所加熱,酸化防止,作業の連続性の観点から溶接法を解説する.
第3回 溶接アークの特性
     溶接熱源として最も多用されている放電アークの特性について講述し,溶接用電源の外部特性と溶接現象の特徴を解説する.
第4回 アーク溶接法の概要(1) 被覆アーク溶接
     被覆アーク溶接および垂下特性溶接電源について講述する.
第5回 アーク溶接法の概要(2) ガス被包金属アーク溶接
     TIG溶接,MIG溶接,炭酸ガス溶接,MAG溶接について溶接の基本構成およびそれらの類似点および相違点を解説し,それぞれの溶接法の特徴を講述する.
第6回 電気抵抗溶接
     抵抗スポット溶接,シーム溶接,プロジェクション溶接の基本構成を解説し,それぞれの特徴を講述する.
第7回 ろう接法
     ろう付けおよびはんだ付けの基本を解説し,金属の濡れ特性および流動特性の観点から講述する.
第8回 溶接欠陥
     気孔,金属凝固現象,偏析,高温割れの発生機構およびその防止策について講述する.
第9回 低温割れと溶接部の硬化
     溶接部の加熱・冷却過程について概説し,それに伴う材質変化および低温割れについて講述する.
第10回 溶接用鋼材
     溶接用消耗材料および溶接用に開発された鋼板について講述する.
第11回 溶接部の設計
     引っ張り力および剪断力を受ける溶接継手の強度設計について講述し,継手の種類,開先形状,溶接記号について解説する.
第12回 溶接残留応力
     溶接部の熱応力について解説し,溶接部内部の残留応力および溶接変形について講述する.
第13回 非破壊検査法
     外観試験,磁粉探傷試験,浸透探傷試験,放射線透過試験,超音波探傷試験について原理を解説し,それぞれの特徴を講述する.
第14回 鋳造法の概要
     鋳造法の基本構成について講述する.
第15回 鋳造時の金属凝固現象及び湯口・押湯方案
     鋳型内での溶融金属の凝固現象を説明し,健全な鋳造品を製作する最新の技術について講述する.
第16回 定期試験
学習課題(予習・復習) 講義概要を記したプリントを講義に先だって配布する.参考書などを利用し,プリント内容の予習に努め,講義後に「質問はありませんか」という問いに対して質問内容が準備できていることを希望する.
ナンバリングコード(試行) EN-PROC-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University