三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学部看護学科
地域・老年看護学
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 必修
授業科目名 認知症と看護
にんちしょう と かんご
Dementia Nursing
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 3, 4時限
開講場所 第1講義室(看護学科棟3階)

担当教員 磯和勅子(医学部看護学科)、○平松万由子(医学部看護学科) 北川亜希子(医学部看護学科)、服部由佳(医学部看護学科)

ISOWA,Tokiko HIRAMATSU,Mayuko KITAGAWA,Akiko HATTORI,Yuka

学習の目的と方法

授業の概要 認知症の病態と関連要因を理解し、認知症高齢者の生活の質を高めるケアの視点および家族支援の視点から看護展開できる基礎的能力を養う
学習の目的 1.認知症の病態と関連要因を理解する
2.BPSDと生活への影響のアセスメントの視点を理解する
3.認知症高齢者に対する基本姿勢を理解する
4.認知症高齢者の心身を活性化させる生活のあり方について理解する
5.認知症高齢者の権利擁護について理解する
6.認知症高齢者の家族への支援方法について理解する
学習の到達目標 1.認知症の病態と関連要因が理解できる
2.BPSDと生活への影響のアセスメントの視点が理解できる
3.認知症高齢者に対する基本姿勢が理解できる
4.認知症高齢者の心身を活性化させる生活のあり方について理解できる
5.認知症高齢者の権利擁護について理解できる
6.認知症高齢者の家族への支援方法について理解できる
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL

教科書 新版 認知症の人々の看護 医歯薬出版
系統看護学講座 専門分野Ⅱ 老年看護学 医学書院
系統看護学講座 専門分野Ⅱ 老年看護 病態・疾患論 医学書院
参考書 老年看護学概論 「老いを生きる」を支えることとは 南江堂
老年看護学技術  最後までその人らしく生きることを支援する 南江堂
成績評価方法と基準 出席、授業態度、定期テスト、レポートを総合して評価する。
再試は行わない。
オフィスアワー  水曜日11:00~12:00 
受講要件
予め履修が望ましい科目 老年看護学Ⅰ
発展科目 老年看護学実習Ⅰ 老年看護学実習Ⅱ
授業改善への工夫 学生が主体的に学ぶ場を多くする、認知症ケアの事例から学ぶ
その他

授業計画

キーワード 認知症の原因疾患、認知症ケアの理念、ヘルスアセスメント、心身機能の活性化、認知症高齢者のQOL、家族への支援
Key Word(s) Dementia Nursing
学習内容 1.認知症とは 認知症の病態と関連要因(治療、認知機能評価、中核症状と行動・心理症状)
2.認知症予防と認知症高齢者を取り巻く社会の動向
3.認知症高齢者に対する基本姿勢
4.BPSD(行動・心理症状)と生活への影響のアセスメントとケア①
5.BPSD(行動・心理症状)と生活への影響のアセスメントとケア②
6.認知症高齢者の心身の状態に配慮した生活環境の調整
7.認知症高齢者の心理・コミュニケーション
8.認知症高齢者の権利擁護、認知症高齢者の家族への支援方法
学習課題(予習・復習) 1.復習課題
老年看護学Ⅰで学習した高齢者看護の基礎知識と技術

2.予習課題
1)認知症の疾患と治療
2)認知症高齢者のヘルスアセスメント方法
3)認知症高齢者のケアの理念とケアの方法
4)認知症高齢者とのコミュニケーション方法
5)家族支援の方法 
ナンバリングコード(試行) MD-NGER-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University