三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学研究科(博士後期課程)システム工学専攻
受講対象学生 大学院(博士課程・博士後期課程) : 1年次
選択・必修
授業科目名 エネルギーシステム特論
えねるぎーしすてむとくろん
Advanced Lecture on Energy Systems
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 金曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 廣田 真史(工学研究科機械工学専攻)

HIROTA, Masafumi

学習の目的と方法

授業の概要 本講義では,エネルギー機器や環境機器内に現れる熱流動,とくに乱流あるいは気液二相流といった複雑な場における熱・物質・運動量輸送メカニズムを理解するために,演習を取り入れながら講義とディスカッションを行う.また,実際のエネルギー機器における具体的な省エネ化や高性能化手法およびそれらの効果の合理的な評価手法についてもディスカッションを行う.
学習の目的 エネルギー機器や環境機器内に現れる複雑な熱流動とその場における熱・物質・運動量の輸送メカニズムを理解し,実際の機器に応用できるようになることを目的とする.また,熱流体工学の知見に基づき,機器の高性能化や省エネ性向上のキーポイントを見抜く能力を養うことも目的とする.
学習の到達目標 本講義により複雑な熱流動場における輸送現象について理解するとともに,それを実際のエネルギー・環境機器に応用する場合の考え方や手法,および課題を習得することが出来る.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 特にない.必要に応じてプリントなどを配布する.
参考書
成績評価方法と基準 レポート100%
オフィスアワー 講義終了後,教員居室(機械棟,3階)で対応する.
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 熱工学,流体工学,伝熱工学,エネルギー変換工学
発展科目 エネルギー工学や環境工学に関連した科目
授業改善への工夫 基礎的な内容のみでなく,エネルギーシステムに関する最新の話題についても取り上げるようにする.
その他

授業計画

キーワード 熱流体工学,熱・物質輸送,エネルギー変換,熱交換器,ヒートポンプ
Key Word(s) Thermo-fluid engineering, Heat and mass transfer, Energy conversion, Heat exchanger, Heat pump
学習内容 第1回から15回の内容は以下のとおりである。
講義の初回に詳細な学習内容を説明する.
乱流熱伝達の基礎理論とモデル化,複雑乱流における熱・物質の輸送メカニズム,気液二相流の基礎,相変化を伴う伝熱の基礎,ヒートポンプシステムの性能評価と省エネ性,熱交換器の理論について講義し,ディスカッションする予定である.
学習課題(予習・復習) 講義で出された課題について,調査内容の報告を求める.
ナンバリングコード(試行) EN-ENGY-7

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University