三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・国際理解・現代社会理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修
授業科目名 文化と空間B
ぶんかとくうかんびー
Culture and Space B
授業テーマ 世界諸地域の生活環境
単位数 2 単位
分野 社会 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 原 眞一(非常勤講師)

HARA, Shin'ichi

学習の目的と方法

授業の概要 主に世界の諸地域の多様な生活環境を国際理解(異文化理解)の視点を加味して取りあげていく。風土と景観を中心として、環境と人々の生活の姿を見つめ、その理解を深める。さらに演習として受講生の関心や身近な生活環境を記録(描く)し、その意義を考える。
学習の目的 具体的に世界の諸地域における人びとの暮らし(生活様式)について、その背後の環境つまり「文化と空間」との関係から多面的に考察していく。その捉え方(視点)を培い、地域の多様な生活環境の実態(特色と課題など)を把握することを学習の目的とする。
学習の到達目標 世界の諸地域について、風土・景観を中心として掘り下げ、自ら豊かな地域像(世界像)の育成を培う。そのための地域認識と地域を見る目を深めていく。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 原 眞一 『写真地理を考える』ナカニシヤ出版(2012)。
参考書 高校レベルの地図帳を準備することが望ましい。例えば、帝国書院編集部『地図帳標準高等地図―地図でよむ現代社会―』など。
成績評価方法と基準 試験が約50%、課題(フィールドワーク)、学習意欲などが約50%として総合的に評価する。
オフィスアワー
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 主に世界諸地域の生活環境をより多面的に追究していきたい。受講生の興味・関心を高めるために現地での見聞などを織り交ぜて、写真・地図などの教材を多用して動的に取り組んでいきたい。
その他

授業計画

キーワード 世界諸地域の生活環境
Key Word(s)
学習内容 第1回 空間と文化を学ぶ―ガイダンス
第2回 空間・地域・ 景観・風土・文化を考える
第3回 世界の諸地域の生活環境 ① タイ―東南アジアの縮図
第4回  ② モンゴル―草原国の歴史と今
第5回  ③ イギリス―スコットランドとイングランド
第6回  ④ カナダ―多様な自然景観と文化景観
第7回  ⑤ モロッコ―アトラス山脈の北と南、ハワイ島の西と東―対照的な生活環境
第8回  ⑥ フィジー諸島共和国―伝統的生活文化と観光・リゾート
第9回  ⑦ イスタンブル(トルコ)とメキシコシティ(メキシコ)―巨大都市の変遷と都市景観
第10回  ⑧ 名古屋と神戸の都市空間と歴史的変遷
第11回  ⑨ 伊勢湾と三河湾の離島の生活環境と暮らし
第12回 世界の諸地域の自然景観・文化景観
第13回 日本の諸地域の自然景観・文化景観
第14回 生活環境のフィールドワークのまとめと報告(Ⅰ)
第15回 生活環境のフィールドワークのまとめと報告(Ⅱ)
第16回 定期試験
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) LIGEOG1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University