三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部建築学科 ・専門教育
建築構造
受講対象学生 学部(学士課程) : 2年次
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 鉄骨構造
てっこつこうぞう
Steel Structures
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 川口 淳(工学部建築学科)

KAWAGUCHI, Jun

学習の目的と方法

授業の概要 鉄骨構造の設計法ならびに鉄骨構造の設計・施工に係わる基礎知識を習得させる。
学習の目的
学習の到達目標 建築鉄骨構造の許容応力度設計能力および,施工管理方法の概要が習得できる.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 建築学構造シリーズ「建築鉄骨構造」(松井千秋編著 オーム社)
参考書 「鉄骨の設計」 (若林実 共立出版)
成績評価方法と基準 試験によって評価し,60点(100点満点)以上を合格とする.
オフィスアワー 原則的に毎週火曜12:00〜13:00に受付.電子メールは随時受付(jkawa@arch.mie-u.ac.jp)
受講要件
予め履修が望ましい科目 建築力学I、建築力学演習I、建築力学II、建築力学演習IIの単位を取得していることが望ましい。
発展科目 構造材料実験法
授業改善への工夫 原則的にPPTを用いて講義を行なうが,教科書では不足する説明は,随時板書を行ない,補足説明をし理解を深める努力を行う.また,基礎的知識習得を確認する為2回の中間試験を導入している.定期試験では,テキストなどの資料を活用して設計を行う応用力を問い,総合的な能力が身に付くようなカリキュラム構成にしている.
その他

授業計画

キーワード 鋼構造,構造設計,部材設計
Key Word(s) steel structure, structural design, design of members
学習内容 1. 鉄骨構造の概要:歴史と現状、各種構造システム、構造性能と特徴、新工法と展望
2. 構造計画と設計法:構造計画,設計用荷重・外力,設計判定条件,各種設計法の要点
3. 鋼材の性質:鋼材の製造、企画と種類,機械的性質,各種性能と機能鋼
4. ボルト接合:ボルトの種類と特徴,普通ボルト,高力ボルト,ボルト接合部の挙動と設計,施工法と品質管理
5. 溶接接合:溶接の種類と特徴,溶接部の性質,溶接継手と溶接継目の種類,溶接継目の設計,溶接施工と品質管理
6. 座屈:圧縮材の曲げ座屈,曲げと圧縮を受けるH形断面部材の釣合い方程式
7. 中間試験1
8. 塑性解析法1:塑性解析の基本家庭と定理,塑性ヒンジの概念,全塑性モーメント,塑性崩壊
9.塑性解析法2:塑性崩壊荷重と設計
10. 軸方向力を受ける部材:各種部材の断面形と特徴,引張材の挙動と設計,圧縮材の挙動と設計
11. 曲げモーメントとせん断力を受ける梁材:各種曲げ材の断面形と特徴,断面の応力分布,梁材の挙動,梁材の設計
12. 軸方向力と曲げモーメントを受ける柱材:各種柱材の断面形と特徴,断面の応力分布,柱材の挙動,柱材の設計
13. 接合部:各種接合部の構成と特徴,継手の挙動と設計,柱梁接合部の挙動と設計,柱脚の挙動と設計
14. 中間試験2
15. 骨組:骨組の種類と特徴,トラスの挙動と設計,ラーメンの挙動と設計,耐震要素付ラーメンの挙動と設計
16. 試験
学習課題(予習・復習) 講義は,概ね毎回テキストの1章分ずつ進行するので,授業の前に当該部分を通読しておく事が望ましい.また,テキスト各章の終わりに演習問題を示しているので,授業後は理解を深める為に演習問題を解いておく事.
ナンバリングコード(試行) EN-ARCH-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University