三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・国語
科目名 書道
しょどう
calligraphy
受講対象学生 教育学部, 教育学研究科, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
68以前 期生
受講希望者が多数の場合、以下の順で履修を優先する。
「書道Ⅰが卒業要件であるコースの学生」→「中学校国語教員免許取得予定の学生」
卒業要件の種別 必修
国語教育コース必修科目
授業科目名 書道Ⅰ
しょどう いち
calligraphyⅠ
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 5, 6時限
開講場所 教育学部1号館4階PBL7教室

担当教員 林朝子(教育学部)

HAYASHI,Asako

学習の目的と方法

授業の概要 楷書(中学校書写も含む)の基礎的な理論の理解を深めると共に、技法、鑑賞力を養う。実技では中学校教科書の楷書から始め、唐代の孔子廟堂碑を中心に古典臨書へと進み、毛筆による楷書の運筆を習得する。また、楷書の理論、歴史等に関する基礎学習も行う。
学習の目的 楷書の運筆を習得し、書写教育での指導力を身につける。
学習の到達目標 毛筆による実技を通して、楷書の運筆法と中学校書写を視野に入れた指導法を習得する。また、楷書に関する理論、歴史などの基礎を学ぶことで、鑑賞力の向上へとつなげる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 実技

授業の特徴

教科書 プリントで配布   
参考図書:『明解書写教育』全国大学書写書道教育学会編 萱原書房
中学校書写教科書 
参考書 書道芸術(図書館で閲覧可)
成績評価方法と基準 出席、提出作品(毎時、1~2枚程度)、授業での積極的な態度、書道に関するレポート・試験を総合して評価する。実技試験は2回行う予定。
オフィスアワー 毎週木曜日昼休み、林研究室(教育学部1号館4階)
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目 書論・鑑賞Ⅰ(H28後期開講)
授業改善への工夫
その他 ・第2講より毛筆書道用具を各自で用意する。貸出はしない。
・授業では楷書に関する講義と実技を段階的に進めていくので、出席を重視する。

授業計画

キーワード 楷書 書写書道教育 
Key Word(s) square style, educhation of Shosha and Shodo[calligraphy]
学習内容 (1)国語科における書写教育の意義、楷書について、用具用材説明
(2)楷書の基本運筆、基本点画
(3)(4)中学校書写教科書から抜粋した教材を学習(漢字)
(5)(6) 同上(ひらがなと漢字)
(7)実技試験Ⅰと前半のまとめ
(8)古典の臨書(『孔子廟堂碑』)①
(9)古典の臨書(『孔子廟堂碑』)②
(10)古典の臨書(『孔子廟堂碑』)③
(11)古典の臨書(『九成宮醴泉銘』)①
(12)古典の臨書(『九成宮醴泉銘』)②
(13)古典の臨書(『九成宮醴泉銘』)③
(14)古典の臨書まとめ①
(15)古典の臨書まとめ②
実技試験Ⅱ
学習課題(予習・復習) 提出課題の内容によっては、宿題として個別に練習課題を課す。
書道経験の少ない者は、授業以外での自主的な練習が必須。
ナンバリングコード(試行) ED-CALL-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University