三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・音楽
科目名 指揮法
しきほう
Conducting
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 3年次
67 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 指揮法演習2
しきほうえんしゅう2
Seminar on Conducting 2
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 金曜日 9, 10時限
開講場所 音楽棟2階 アンサンブル室 および音楽棟1階 多目的交流室

担当教員 兼重直文

KANESHIGE,naofumi

学習の目的と方法

授業の概要 指揮法演習1の内容を発展する。具体的には音楽表現へとつながる指揮の技法を指導する。
学習の目的 ① 個人としての指揮:指揮を学ぶことによって、楽譜を読む面白さを知り、指揮の技術だけでなく、楽譜から音楽を探る洞察力を高め、表現へとつながる指揮の技術を身につける。
② 教育現場で活用できる指揮:器楽合奏や合唱など、児童・生徒との「音楽を通したふれあい」ができる一つのコミュニケーションが指揮であることを理解し、児童・生徒の表現意欲を喚起するような指揮ができる。
学習の到達目標 指揮法演習1の内容を発展するという点から、更に「指揮」の能力を高めるとともに、指揮することによって総合的に音楽への理解力を高め、表現へとつながる指揮の技法を養うことができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習 実技

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 学ぼう指揮法 Step by Step──わらべ歌からシンフォニーまで(山本訓久著/アルテスパブリッシング)
参考書
成績評価方法と基準 実技テスト50%、学習意欲25%、授業態度25%、計100%
オフィスアワー 毎週金曜日12:00~13:00,場所/兼重研究室,n-kane@edu.mie-u.ac.jp
受講要件 指揮法演習1が必ず履修済であること。
予め履修が望ましい科目 指揮法演習1
発展科目
授業改善への工夫
その他 2台ピアノによる演奏を指揮することが中心となる授業であるため、欠席者があると演奏が不可能となり、授業が成立しない可能性があるので、十分に注意のこと。
「指揮法演習2」を履修するためには「指揮法演習1」を履修しておくこと。

授業計画

キーワード 指揮,表現,アンサンブル,コミュニケーション
Key Word(s) Conduct,Expression,Ensemble,Communication
学習内容 1. ガイダンス
2.「指揮」をする上での楽譜の読み方についての概説①
3.「指揮」をする上での読み方についての概説②
4.指揮の実践/指揮をする上でのポイント解説①
5.指揮の実践/指揮をする上でのポイント解説②
6.指揮の実践/指揮をする上でのポイント解説③
7.指揮の実践/指揮をする上でのポイント解説④
8.指揮の実践/指揮をする上でのポイント解説⑤
9.指揮の実践/これまでのまとめ
10.指揮の実践/作品を通して指揮する①
11.指揮の実践/作品を通して指揮する②
12.指揮の実践/作品を通して指揮する③
13.指揮の実践/作品を通して指揮する④
14.指揮の実践/作品を通して指揮する⑤
15.まとめ 〜“指揮法演習2”を通じて学び得たもの〜
学習課題(予習・復習) 与えられた課題を毎日練習しておくこと。
ナンバリングコード(試行) ED-COND-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University