三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・音楽
科目名 小学校の教科に関する科目・音楽
しょうがっこうのきょうかにかんするかもく・おんがく
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 2年次
69 期生
音楽教育コースの学生が対象である。
卒業要件の種別 必修
授業科目名 小学校専門音楽B
しょうがっこうせんもんおんがくびー
Music for Elementary School B
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 5, 6時限
開講場所 教育学部音楽棟2階 合唱室

担当教員 森川 孝太朗(教育学部音楽教育コース)

Kotaro MORIKAWA

学習の目的と方法

授業の概要 1.種々のリズムゲーム等を通して読譜能力を向上させるとともに音楽教材の可能性について考察する。
2.ピアノやギターを用いた移調奏やコード奏をすることにより、基本的な楽典を確認するとともに西洋音楽の基礎的理論とりわけ調体系の理解を深める。
3.学校現場で扱われる打楽器や鍵盤ハーモニカ等を用いた合奏を通して、学校現場における教科としての音楽の存在意義と可能性について考察するとともに、「音楽」を体験する喜びに触れる。
4.混声合唱や各種合奏のスコアリーディングを行うことにより、将来の合唱及び合奏指導に必要となる基礎的能力を身につける。
学習の目的 理論と実技を一致させることにより、小・中学校の音楽教育現場で求められる主に実技及び音楽理論に関する知識と技術の向上を目指す。
学習の到達目標 種々のリズムゲーム等を通し、音楽教材の可能性についての考察を試みることができるようになる。
小学校歌唱共通教材(簡易伴奏)について、移調によるピアノ弾き歌いができる技術を獲得する。
ピアノ伴奏譜がない調性音楽による旋律に対して、コード奏によるピアノ弾き歌いができる技術を獲得する。
理論と実技が一致するようになる。
リズムゲームや合奏等を通して「音楽」を体験する喜びを知り、他者と共有できるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 実習 実技

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 教員養成課程 小学校音楽科教育法(教育芸術社)
日本と世界の愛唱名歌集(野ばら社)
参考書
成績評価方法と基準 毎授業の課題(20%)、移調奏によるピアノ弾き歌いの実技試験(40%)、コード奏によるピアノ弾き歌いの実技試験(40%)、計100%(合計が60%以上で合格)
出席数が2/3に満たないものは不合格とする。
オフィスアワー 毎週水曜日10:30~12:30 場所:作曲・音楽理論研究室
受講要件 受講は音楽教育コースの学生に限る。
予め履修が望ましい科目 ソルフェージュ及びソルフェージュ演習。
発展科目 後期に開講される和声法2を受講することが望ましい。
授業改善への工夫 とりわけスコアリーディングに関する課題について、学習者の学習状況に見合った資料を準備する。
その他 音楽教育コースの学生は小学校専門音楽Aではなく小学校専門音楽Bを受講すること。
音楽教育コース以外の学生は本授業を受講することはできない。

授業計画

キーワード 移調奏,コード奏,器楽合奏
Key Word(s) transpose, chord, ensemble
学習内容 1.ガイダンス
2.楽典①拍子とリズムについて
3.楽典②調性と各種音階について
4.移調と移旋①及び鍵盤ハーモニカの演奏①
5.移調と移旋②及び鍵盤ハーモニカの演奏②
6.教育現場で用いられる打楽器について①
7.教育現場で用いられる打楽器について②
8.各種リコーダーの演奏法と合奏
9.スコアリーディングについて
10.コードネームについて
11.ピアノによるコード奏①
12.ピアノによるコード奏②
13.ギターについて及びギターによるコード奏①
14.ギターによるコード奏②
15.作曲的見地による学校教育における音楽教材の可能性について
事前・事後学修の内容 事前学修にあたっては、与えられた課題の練習をしておくこと。
事後学修にあたっては、授業で提示・実施した課題に類する楽曲を自ら選定し練習すること。
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University