三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部法律経済学科・社会科学科
受講対象学生 法律経済学科専用
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 現代裁判論
げんだいさいばんろん
Society and Judicial System
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 金曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 内田典夫(弁護士:非常勤講師)、小貫陽介(弁護士:非常勤講師)、飯田聡(弁護士:非常勤講師)、森一恵(弁護士:非常勤講師)

学習の目的と方法

授業の概要 民事裁判、刑事裁判を中心に、現実に行われている裁判の運用状況を理解し、法律とのギャップや課題を考える。
学習の目的 民事裁判、刑事裁判を中心に、現実に行われている裁判の運用状況を理解し、法律とのギャップや課題を考える。
学習の到達目標 民事裁判、刑事裁判の手続きを理解することにより、将来、裁判に抵抗感を抱かず、法的紛争に巻き込まれた場合、早期に解決できる能力・感覚を身につける。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 レジュメを配付する。
参考書
成績評価方法と基準 期末試験100%
オフィスアワー
受講要件 特になし。
予め履修が望ましい科目 憲法、民法の各科目
発展科目 民事訴訟法、刑事訴訟法
授業改善への工夫 できるだけ、受講生が興味を持つ事件、事例を提供したい。
その他 例年、刑事裁判の傍聴や三重刑務所の見学を企画している。実施は例年とおり水曜日の午後を予定している。

授業計画

キーワード 弁護士から見る裁判の現状と課題
Key Word(s)
学習内容 刑事裁判に対しては、保釈金や量刑の相場などを紹介するとともに、逮捕から判決に至るまでの実務的問題を人権保障の観点から考察する。 民事裁判に対しては、司法研修所や実務で重視されている要件事実論や、訴状や答弁書の作成、立証方法、損害・慰謝料の基準などを紹介するとともに、紛争解決としての機能を果たしているか否かの観点から課題を考察する。その後、人事訴訟 調停、支払督促、少額訴訟、労働訴訟、行政訴訟、知的財産権訴訟などの特殊な裁判手続きを扱う予定である。
学習課題(予習・復習) 特になし。日頃からニュースや新聞を通じて問題意識を持ってほしい。
ナンバリングコード(試行) HU-SOCI-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University