三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部建築学科 ・専門教育
建築構造
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 鉄筋コンクリート構造
てっきんこんくりーとこうぞう
Reinforced Concrete Structures
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 畑中 重光(工学部建築学科)

HATANAKA,Shigemitsu

学習の目的と方法

授業の概要  安価で圧縮には強いが引張に弱いコンクリートを、引張に強い鉄筋で補強した鉄筋コンクリート構造の力学の基礎を修得する。鉄筋コンクリートとしての部材の力学挙動を正しく理解する能力を養うとともに、合理的な設計を行うための演習も同時に行う。
学習の目的
学習の到達目標 鉄筋コンクリート構造の理論を理解し、基本的な設計手法を修得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 教科書:鉄筋コンクリート構造(谷川恭雄、畑中重光、他;森北出版)
参考書
成績評価方法と基準 演習課題30%、試験(3回)70%の比率で10段階評価し、6以上を合格とする。
試験ごとの配点の内訳は、第1回20%、第2回20%、第3回30%とする。
オフィスアワー 原則的に毎週火曜12:00〜13:00.電子メールも受け付ける.hatanaka@arch.mie-u.ac.jp
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 建築構造材料、構造材料実験法:コンクリートおよび鋼材に関する基礎知識を習得していること。建築力学I,II,III:構造部材の断面・部材の弾性および塑性力学を理解していること。以上の基礎的知識を応用して、鉄筋コンクリートの力学へと発展させる。
発展科目 建築防災工学、建築保全工学、建築構造設計演習
授業改善への工夫 初回の授業で,目的,到達目標,成績評価の方法と基準などを説明し,位置づけの明確化に努める.授業のはじめには,授業ごとの目的を明確にし,受講生の知識を再認識してもらうため,できるだけプレテストを行う.
その他

授業計画

キーワード 鉄筋コンクリート、構造設計
Key Word(s) Reinforced Concrete, Stress-Strain Relation, RC Beams, RC Columns, RC Walls, Structural Members, Compression, Flexure, Stress-Block, Reinforcing Bars, Bending Moment, Shear Span Ratio, Allowable Design, Ultimate Design, Ultimate Strength, Deformation Behavior, Ductility, Plastic Hinge
学習内容 1.鉄筋コンクリート概論
2.コンクリートと鉄筋の性質
3.梁断面の曲げ挙動と解析
4.小テスト(1)第1回から第3回までの講義の内容について試験を行う。
5.梁の許容応力度設計
6.梁の曲げ終局挙動
7.柱の許容応力度設計
8.柱の終局挙動
9.小テスト(2)第5回から第8回までの講義の内容について試験を行う。
10.梁・柱のせん断挙動
11.梁・柱のせん断補強
12.梁・柱のせん断終局挙動
13.梁・柱のせん断補強設計
14.耐震壁の挙動と設計
15.初回からの講義内容の復習
16.試験 第10-14回までの講義内容を中心に、初回からの講義全体について試験を行う。
学習課題(予習・復習) <予習>各回において前回の授業内容を確認し,教科書を通読する.
<復習>各回終了後に,教科書を通読する.
ナンバリングコード(試行) EN-ARCH-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University